洋楽ランキング【2022/8/13付】今週のビルボードシングル・アルバムTOP10

2022/8/13付で発表された最新の洋楽週間ランキングを、シングルランキングとも言えるBillboard Hot 100(ビルボード・ホット100)、アルバムランキングBillboard 200(ビルボード)から上位10作品をご紹介します。毎週水曜日に更新していますので、最新の洋楽ヒットチャートをご堪能ください。

【2022/8/13付】最新の洋楽週間ランキング(全米ビルボードホット100)

Billboard Hot 100(ビルボード・ホット100)にて公開されている最新の洋楽週間チャートトップ10と11位以下の注目曲をYouTube動画と共にまとめてご紹介します。

Billboard Hot 100(ビルボード・ホット100)トップ10

1
Break My Soul
Beyoncé


Beyoncé - BREAK MY SOUL - YouTube

LAST6PEAK1歌詞あり
Beyoncé(ビヨンセ)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身の歌手、ソングライター、ダンサー、女優。

Break My Soul(ブレイク・マイ・ソウル)は7月29日リリースの最新アルバム「Renaissance」からのシングル。

Robin S.の1993年の曲「Show Me Love」、Big Freediaの2014年の曲「Explode」をサンプリングし、The-Dream、Tricky Stewartとの共同プロデュースによって制作されました。今週はランクアップで首位を獲得。リード曲としては2008年「Single Ladies (Put a Ring on It)」以来約13年半ぶりの首位獲得となりました。

2
About Damn Time
Lizzo


Lizzo - About Damn Time - YouTube

LAST1PEAK1
Lizzo(リゾ)はミシガン州デトロイト出身のラッパー、シンガー、ソングライター。


About Damn Time(アバウト・ダム・タイム)は今後リリースされる最新アルバム「Special」からのシングル。

1984年の曲「Hey DJ」から世界的に有名な最高チームによって補間されたピアノのモチーフを特徴としており、TikTokでダンス動画がバイラルとなりトップ10入りを果たしました。リゾの首位獲得は「Truth Hurts」以来3年ぶり2曲目。これまでに2週の首位を獲得しています。今週はランクダウン。

3
As It Was
Harry Styles


Harry Styles - As It Was - YouTube

LAST2PEAK1歌詞あり
Harry Styles(ハリー・スタイルズ)はイングランド・ウスターシャー・レディッチ出身のシンガー、ソングライター。

As It Was(アズ・イット・ワズ)は3rdアルバム「Harry's House」からのシングル。

喪失感と孤独感を表現したギター駆動の80年代のシンセポップとニューウェイヴを意識したサウンドの曲。発売後Spotifyで34カ国で1位となり、男性アーティストによる24時間で最もストリーミングされたトラックのギネス世界記録のタイトルを獲得しました。これまでに通算10週目の首位を獲得。今週はランクダウン。

4
Running Up That Hill
Kate Bush


Kate Bush - Running Up That Hill - YouTube

LAST3PEAK3歌詞あり
Kate Bush(ケイト・ブッシュ)はロンドン南東部、ベクスリーヒース出身のシンガー、ソングライター、ピアニスト、音楽プロデューサー。

Running Up That Hill(邦題:神秘の丘)は1985年リリースの5thアルバム「Hounds of Love」からのシングル。

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン4で使用され人気化。1985年当時の最高位である30位を大きく更新し、ケイト・ブッシュにとってデビューから44年で初のトップ10入りを果たしました。今週はランクダウン。

5
WAIT FOR U
Future ft. Drake, Tems


Future - WAIT FOR U ft. Drake, Tems - YouTube

LAST5PEAK1歌詞あり
Future(フューチャー)は、ジョージア州アトランタ出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー。
Drake(ドレイク)は、オンタリオ州トロント出身のラッパー、歌手、ソングライター、レコードプロデューサー、俳優、起業家。
Tems(テムズ)は、ナイジェリア・ラゴス出身のシンガー。

WAIT FOR U(ウェイト・フォー・ユー)は最新アルバム「I Never Liked You」からのシングル。

テムズの2020年の曲「Higher」をサンプリングしており、Oddioとともにソングライターとしてクレジットされています。フューチャーがリード曲として首位を獲得するのが初となり、ドレイクにとっては10曲目の首位となりました。今週は変わらず。

6
First Class
Jack Harlow


Jack Harlow - First Class - YouTube

LAST4PEAK1歌詞あり
Jack Harlow(ジャック・ハーロウ)はケンタッキー州ルイビル出身のラッパー、ソングライター。

First Class(ファースト・クラス)は2ndアルバム「Come Home the Kids Miss You」からのシングル。

Ludacris(リュダクリス)をフィーチャーした2006年のFergie(ファーギー)の曲「Glamorous」をサンプリングしており、サンプリング元と共に1位獲得となりました。現在までに通算3週の首位を獲得。今週はランクダウン。

7
Bad Habit
Steve Lacy


Steve Lacy - Bad Habit - YouTube

LAST11PEAK7
Steve Lacy(スティーヴ・レイシー)は、カリフォルニア州コンプトン出身のミュージシャン、シンガー、ソングライター、レコード プロデューサー。

Bad Habit(バッド・ハビット)は2ndアルバム「Gemini Rights」からのシングル。

リリース以来ストリーミングを中心に人気が広がり急速にチャートを駆け上がりました。スティーヴ・レイシーにとって初のチャート入りを果たし、今週はランクアップでついにトップ10入りとなりました。

8
Me Porto Bonito
Bad Bunny & Chencho Corleone


Bad Bunny (ft. Chencho Corleone) - Me Porto Bonito - YouTube

LAST8PEAK6
Bad Bunny(バッド・バニー)は、プエルトリコ、アルミランテ・スール出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー、俳優。
Chencho Corleone(チェンチョ・コルレオーネ)は、レトゲンデュオPlan Bのメンバー。

Me Porto Bonitoは最新アルバム「Un Verano Sin Ti」収録曲。

「Un Verano Sin Ti」のYouTubeとSpotifyでのストリーミングで高い記録を打ち出しトップ10入り。共演したチェンチョ・コルレオーネにとっては初のトップ10入りを果たしました。今週は変わらず。

9
Sunroof
Nicky Youre, dazy


Nicky Youre, dazy - Sunroof - YouTube

LAST12PEAK9
Nicky Youre(ニッキー・ユーア)はカリフォルニア州オレンジ郡出身のシンガー、ソングライター、ソーシャルメディアスター。
dazy(デイジー)は、ロサンゼルスを拠点とするミュージシャン兼プロデューサー。

Sunroof(サンルーフ)は2021年リリースのコラボシングル。

デイジーがニッキー・ユーアから受け取ったボイスメモから誕生したコラボ曲。TikTokでバイラルとなり2人にとって初のチャート入りを果たしました。今週はランクアップでついにトップ10入りとなりました。

10
Late Night Talking
Harry Styles


Harry Styles - Late Night Talking - YouTube

LAST7PEAK4歌詞あり
Harry Styles(ハリー・スタイルズ)はイングランド・ウスターシャー・レディッチ出身のシンガー、ソングライター。

Late Night Talking(レイト・ナイト・トーキング)は3rdアルバム「Harry's House」収録曲。

「真鍮を模倣したボーカル部分に至るまで、利用可能なすべてのスペースを何らかの可動部分で満たす」「光沢のあるR&Bシフター」として説明されています。今週はランクダウン。

Billboard Hot 100(全米ビルボードホット100)11位以下の注目曲

今週はビヨンセのアルバムからも多くランクインしている影響でランクダウンしている曲が目立ちますが、Luke Combs「The Kind Of Love We Make」が14位、そしてOneRepublic「I Ain't Worried」が23位と共に最高位を更新しています。

【2022/8/13付】最新の洋楽週間ランキング(全米アルバムチャート・ビルボード200)

全米音楽チャート、Billboard 200(ビルボード200)にて公開されている最新の洋楽週間アルバムチャートトップ10と11位以下の注目アルバムをまとめてご紹介しています。

Billboard 200(ビルボード200)トップ10

1
RENAISSANCE
Beyoncé
LAST--PEAK1
Beyoncé(ビヨンセ)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身の歌手、ソングライター、ダンサー、女優。

RENAISSANCE(ルネッサンス)は、6年ぶり7枚目のスタジオ・アルバム。1970年代以降のブラック・ダンスにディスコやハウスなどの音楽スタイルをブレンドした作品となっています。スタジオ・アルバムすべて1位を獲得しており、今作でその記録を更新しました。今週初登場。
2
Un Verano Sin Ti
Bad Bunny
LAST1PEAK1
Bad Bunny(バッド・バニー)は、プエルトリコ、アルミランテ・スール出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー、俳優。

Un Verano Sin Tiは、1年半ぶり4枚目のスタジオ・アルバム。アルバムには23曲が収録されており、チェンチョ・コルレオーネ、ジェイ・コルテス、トニー・ダイズ、ラウ・アレハンドロ、ボンバ・エステレオ、マリアス、ブスカブラの曲が収録されています。これまでに通算7週目の首位を獲得しています。今週はランクダウン。
3
THE WORLD EP.1: MOVEMENT
ATEEZ
LAST--PEAK3
ATEEZ(エイティーズ)は、韓国の8人組男性アイドルグループ。

THE WORLD EP.1: MOVEMENTは、9枚目のEP。ビルボード200では初のトップ10入りを果たしました。今週初登場。
4
Dangerous: The Double Album
Morgan Wallen
LAST2PEAK1
Morgan Wallen(モーガン・ウォレン)は、テネシー州ハンコック郡スニードビル出身のカントリーシンガー、ソングライター。

Dangerous: The Double Album(デンジャラス:ザ・ダブル・アルバム)は、約3年ぶり2枚目のスタジオ・アルバム。2枚組で全30曲とボリュームのある作品の影響かカントリー・アルバムによる週間ストリーミング数は歴代最高を記録しカントリーアルバムとしては異例の初動ユニットは265,000を獲得。初登場から10週連続首位をキープし、カントリー・アルバムが初登場からの連続首位記録は歴代最多で10週連続首位は34年ぶり。2021年の年間チャートで1位を獲得しています。トップ10滞在週が通算81週目を記録。今週はランクダウン。
5
Harry's House
Harry Styles
LAST3PEAK1
Harry Styles(ハリー・スタイルズ)はイングランド・ウスターシャー・レディッチ出身のシンガー、ソングライター。

Harry's House(ハリーズ・ハウス)は、2年半ぶり3枚目のスタジオ・アルバム。ポップファンク、ポップロック、シンセポップ、R&Bを中心とした明るい曲調の多い作品。初週のユニット数は521,500で2022年6月4日付時点で最大を記録。これまでに2週連続での首位を獲得しています。今週はランクダウン。
6
MANIFESTO : DAY 1
ENHYPEN
LAST--PEAK6
ENHYPEN(エンハイプン)は韓国の7人組男性アイドルグループ。

MANIFESTO : DAY 1は、3枚目のミニ・アルバム。ビルボード200では初のトップ10入りを果たしました。今週初登場。
7
Sing Me a Lullaby, My Sweet Temptation
$uicideboy$
LAST--PEAK7
$uicideboy$(スーサイドボーイズ)はルイジアナ州ニューオーリンズ出身のアメリカ人のヒップホップデュオ。

Sing Me a Lullaby, My Sweet Temptation(シング・ミー・ララバイ、マイ・スウィート・テンプテイション)は、1年ぶり3枚目のスタジオ・アルバム。3作連続でトップ10入りを果たしました。今週初登場。
8
Jackpot Juicer
Dance Gavin Dance
LAST--PEAK8
Dance Gavin Dance(ダンス・ギャヴィン・ダンス)はカリフォルニア州サクラメント出身の5人組のポスト・ハードコアバンド。

Jackpot Juicer(ジャックポット・ジューサー)は、2年ぶり10枚目のスタジオ・アルバム。バンドのこれまでで最も長いアルバムとなっており、10枚目のして初のトップ10入りを果たしました。今週初登場。
LAST5PEAK1
Future(フューチャー)は、ジョージア州アトランタ出身のラッパー、シンガー、ソングライター、レコードプロデューサー。

I Never Liked You(アイ・ネヴァー・ライクド・ユー)は、2年ぶり9枚目のスタジオ・アルバム。リリースからわずか3日後にデラックス盤もリリース。全22曲入り。今週はランクダウン。
10
Honestly, Nevermind
Drake
LAST6PEAK1
Drake(ドレイク)は、オンタリオ州トロント出身のラッパー、歌手、ソングライター、レコードプロデューサー、俳優、起業家。

Honestly, Nevermind(オネスティ、ネヴァーマインド)は、9か月ぶり7枚目のスタジオ・アルバム。21サヴェージの唯一の機能と、ゴード、ブラックコーヒー、40などのさまざまなプロデューサーによる制作が含まれサプライズリリースされました。今週はランクダウン。

Billboard 200(ビルボード200)11位以下の注目アルバム

今週はトップ10が5作入れ替わる展開でトップ10以下はランクダウンした作品が目立つ結果となっています。初登場では12位にMaggie Rogers「Surrender」、67位にWhiskey Myers「Tornillo」がランクインしています。

SNSでシェアする!