The 1975の2016年以来となる単独来日公演が決定!

10月14日に約2年半ぶりとなる5枚目のスタジオ・アルバム『Being Funny In A Foreign Language(邦題:外国語での言葉遊び)』をリリース予定のThe 1975が、2016年以来となる単独来日公演を行うことが決定しました。

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

8月20日と21日に行なわれたサマソニのヘッドライナーとして完璧なステージを披露したことも記憶に新しいThe 1975。COVID-19パンデミックの影響でライブ活動そのものが久しぶりとなったステージだったことも話題となりましたが、新たに「At Their Very Best」と題したツアーは11月から北米をまわり、2023年は1月からイギリスとアイルランドのツアー日程も発表しています。

The 1975 - I'm In Love With You - YouTube

■ツアー情報
・神奈川 2023年 4月26日(水) ぴあアリーナMM
・神奈川 2023年 4月27日(木) ぴあアリーナMM
OPEN 18:00/ START 19:00
クリエイティブマン 03-3499-6669
・愛知 2023年 4月29日(土) Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
OPEN 17:00/ START 18:00
キョードー東海 052-972-7466
・大阪 2023年 4月30日(日) 大阪城ホール
OPEN 17:00/ START 18:00
キョードーインフォメーション 0570-200-888
・チケット:SS席17,000円 S席12,000円 A席8,000円(税込)※未就学児入場不可
協力:ユニバーサルミュージック 制作・招聘:クリエイティブマン
THE 1975 JAPAN 2023

『Being Funny In A Foreign Language』はツアーのキャンセルも影響し昨年より制作が開始され、インストゥルメンタルの強みに焦点を当て、可能な限りコンピューターに影響されないように物事をライブに保つことを年頭においてプロデュースにはJack Antonoff(ジャック・アントノフ)が参加した作品となっています。

■『Being Funny In A Foreign Language』トラックリスト
1. The 1975
2. Happiness
3. Looking For Somebody (To Love)
4. Part Of The Band
5. Oh Caroline
6. I'm In Love With You
7. All I Need To Hear
8. Wintering
9. Human Too
10. About You
11. When We Are Together

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。