5SOSのLuke Hemmingsがソロデビュー曲「Starting Line」のミュージック・ビデオを公開

5 Seconds of Summer(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)のリードボーカルとして知られるLuke Hemmings(ルーク・ヘミングス)がソロデビュー曲「Starting Line(スターティング・ライン)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Luke Hemmings - Starting Line - YouTube

「Starting Line」は8月13日リリース予定のソロデビュー・スタジオ・アルバム「When Facing the Things We Turn Away From(ホエン・フェイシング・ザ・シングス・ウィー・ターン・アウェイ・フロム)」からのリードシングル。Sammy Witte(サミー・ウィッテ)がプロデュースし、かなりポップなメロディになっています。

ソロでのきっかけはソニーミュージックとの契約。5 Seconds of Summerのメンバーとしては昨年Ashton Irwin(アシュトン・アーウィン)がソロアルバム「Superbloom(スーパーブルーム)」を発表しており、バンドから2人目のソロキャリアとなります。

ミュージック・ビデオではオーストラリアの街を歩いたり、ジャンプしたり、走ったりしているのを見ることができます。