Mick JaggerがDave Grohlとの新曲「Eazy Sleazy」をサプライズリリースでリリック・ビデオを公開

Mick Jagger(ミック・ジャガー)Dave Grohl(デイヴ・グロール)との新曲「Eazy Sleazy(イージー・スレイジー)」をサプライズリリースし、リリック・ビデオを公開しました。



Mick Jagger with Dave Grohl - EAZY SLEAZY - YouTube

ご存知The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)のフロントマン、Mick Jaggerがソロでシングルをリリースするのは2017年「Gotta Get a Grip」以来4年ぶり。「Eazy Sleazy」ではFoo Fighters(フー・ファイターズ)のDave Grohl、そしてプロデューサーにはMatt Clifford(マット・クリフォード)を迎え、メロディックなハードロックに仕上げています。

今作はCOVID-19パンデミックの報道を見ながら、2021年3月に考案し書かれた曲。Mick Jaggerは火曜日の声明で、「これは、封鎖から抜け出すことについて書いた曲であり、非常に楽観的な見方が必要だ」と述べています。Dave Grohlはドラム、ベース、ギターで参加。

リリック・ビデオではそれぞれのスタジオで演奏している様子が収められており、事実上のミュージック・ビデオになっています。

この曲はまた、ビル・ゲイツ、ランプーンの陰謀説、気候変動を否定し、「ディープステートにはエイリアンがいる」と喜んで明らかにする人々の名前をチェックしているのも特徴的な曲で、ワクチンが投与され封鎖が終了する未来に希望を持った曲でもあります。