SNSの総フォロワー数4300万人超え!19歳の次世代シンガー・ソングライター、ケンジーが新曲「anatomy」のミュージック・ビデオを公開

TikTokのフォロワー数は2,330万人、SNSの総フォロワー数は4,300万人を抱える19歳の次世代シンガー・ソングライター兼インフルエンサー、kenzie(ケンジー)が新曲「anatomy」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

kenzie – anatomy – YouTube

Henry DaCosta(ヘンリー・ダコスタ)が監督を務めたミュージック・ビデオはタイトルが“anatomy(解剖学)”であるように解剖学の人体図を連想させる芸術的な映像となっています。踊っているのは幼少期からダンス経験があるケンジー本人と、ケンジーの幼少期を表現するキッズダンサーの2人。振りつけの制作はケンジーの姉であり、Sia(シーア)の大ヒット・シングル「Chandelier(シャンデリア)」のミュージック・ビデオで一躍有名になったマディ・ジーグラーが務めています。

新曲「anatomy」は、ケンジーが自分の成長過程に父親が不在のことを初めて題材として扱った楽曲で、自分は父親が恋しいと感じているのに相手はそう思っていない悲しさ、その気持ちを隠して生きる心境などが淡々とつづられています。「これはただの解剖学 あなたは私の半分なの それだけよ/それでも私のことを何もわかってない」というサビの歌詞が印象的な曲となっています。

ケンジーは本作について、「きっとたくさんの方が共感してくれる曲だと思う。もしあなたが両親の揃わない家庭で育っても、あなたは決して1人じゃないって分かっていてほしい。この曲が全ての人の拠り所になったらいいな」と語っています。

新曲のリリースに併せて、TikTokの撮影画面で顔を映すと、若い頃の自分へ宛てたメッセージがランダムで表示されるフィルターを公開しています。
フィルターを使用した動画はこちら

kenziekenzie

■商品情報

kenzie「anatomy」

ケンジ―
新曲「anatomy」
配信日:2023年7月21日
ミュージック・ビデオはこちら

試聴・ダウンロードはこちら:
Apple Music
Spotify
Amazon Music
LINE MUSIC

■バイオグラフィー
ケンジーの自分を隠さず、主流の枠にはまらない魅惑的な音楽には、大きく感情をかき立てられる、生活感のあるリアルが詰まっている。18歳のシンガー・ソングライターである彼女は、自身の心の痛みや、不安などの苦悩について書くときも、すべての曲に彼女の持つ高い感受性を吹き込んでいる。彼女の人を引きつける存在感はSNSで多くの支持を集めている。しかし、ロサンゼルスを拠点とする彼女が、「本当の自分」を曲にする勇気を持つには、何年にもわたる自己発見と地道な自信の積み重ねが必要だった。彼女は自身の音楽についてこう語る。
「若い頃、曲作りのセッションで、私はアーティストなのに、自分自身の意見は重要とされていないと感じていた。その経験から、自分で作った曲を世に出したいと思うようになったわ。私の曲で、私が伝えることに対して、人々が共感してくれるような気がしたし、それが誰かの何かしらの助けになるかもしれないと思ったの。」

■リンク
日本公式アーティストHP

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。