ザ・キュアーが1992年のアルバム『Wish』30周年記念盤を10月7日にリリースすると発表!デラックス盤には未発表音源24曲、初CD化4曲収録

1978年結成、ロバート・スミスを中心とするイギリスを代表するバンドの1つ、The Cure(ザ・キュアー)の9枚目のスタジオ・アルバム『Wish(ウィッシュ)』の30周年記念盤、が2022年10月7日にリリースされることが決定しました。

A Wish Comes True This October - YouTube

『ウィッシュ』30周年記念盤は、3CD、1CD、2LP、デジタル配信の各形態でリリースされます(2LPのみ11月25日リリース)。

3CDデラックスエディションは全45曲収録。未発表音源24曲、初CD化となる4曲が収録。CD1は『ウィッシュ』オリジナル・アルバムで、ザ・キュアーのロバート・スミスとマスタリング・エンジニアのマイルス・ショーウェルによる、アビイ・ロード・スタジオにてリマスターされた音源。CD2は未発表デモ・ヴァージョン21曲。1990年のスタジオでのヴォーカル・デモ(x4)と1991年のインストゥルメンタル・デモ(x17)を収録、そのうち9は未発表曲のデモ・ヴァージョン。

CD3は1993年にメール・オーダー限定販売されたカセットテープ『Lost Wishes』の4曲と、1992年のManor Studioでのセッションから未発表曲「A Wendy Band」、ライヴでの人気曲「From The Edge Of The Deep Green Sea」の未発表ミックス、レアな12インチ・ミックス(x5)、そして最後に「エンド」の未発表ライヴ・ヴァージョンが収録されます。

今回初CD化&初デジタル配信となる『Lost Wishes』から「Uyea Sound [Dim-D Mix] 」が先行配信されています。

The Cure - Uyea Sound (Dim-D mix) - YouTube

アルバムが完成した時、ロバート・スミスはやるべきことはすべてやり遂げたと感じましたが、不具合もあったそう。「スタジオのコントロール・ルームでは素晴らしい音だった。でも僕は来たるツアーの準備で忙しくなってマスタリングを監督できなかった。アルバムはリリースされ、僕らは世界ツアーに出て、何をするにも手遅れに。それに長いこと悩まされていた。(今年リマスターの機会を得て)30年かかったけど、僕の願い(Wish)は叶ったよ」

ザ・キュアーは10月6日にヨーロッパ・ツアー44公演をスタートする予定。最後の8公演はUKですべてアリーナ公演となっています。

1992年4月21日にリリースされた『ウィッシュ』は全英1位、全米2位を記録、グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされ、ザ・キュアーの最も売れたアルバムとなりました。全英1位を獲得した「Friday I'm In Love」、同8位「High」、「A Letter To Elise」の3曲のヒット・シングルが生まれ、このアルバムのツアーは21カ国で111公演というザ・キュアー史上最大規模のものになりました。

The Cure Photo Credit Paul CoxThe Cure Photo Credit Paul Cox

『ウィッシュ(30周年記念エディション)』展開図『ウィッシュ(30周年記念エディション)』展開図

■商品情報

ザ・キュアー『ウィッシュ(30周年記念エディション)』

ザ・キュアー『ウィッシュ(30周年記念エディション)』
The Cure / Wish (30th Anniversary Edition)
2022年10月7日発売

ザ・キュアー『ウィッシュ(30周年記念エディション)』

3CDデラックス:UICY-16091/3/5,280円(税込)/日本盤のみSHM-CD仕様
1CD通常盤:UICY-16094/2,750円(税込)/日本盤のみSHM-CD仕様
試聴・予約

■収録曲
CD 1:『ウィッシュ』リマスター2022
1. Open / オープン
2. High / ハイ
3. Apart / アパート
4. From The Edge Of The Deep Green Sea / フロム・ジ・エッジ・オブ・ザ・ディープ・グリーン・シー
5. Wendy Time / ウェンディ・タイム
6. Doing The Unstuck / ドゥーイング・ジ・アンスタック
7. Friday I'm In Love / フライデイ・アイム・イン・ラヴ
8. Trust / トラスト
9. A Letter To Elise / ア・レター・トゥ・エリーズ
10. Cut / カット
11. To Wish Impossible Things / トゥ・ウィッシュ・インポシブル・シング
12. End / エンド

CD 2:デモ・ヴァージョン(すべて未発表音源、*未発表曲)
1. The Big Hand [1990 Demo] / ザ・ビッグ・ハンド(1990デモ)
2. Cut [1990 Demo] / カット(1990デモ)
3. A Letter To Elise [1990 Demo] / ア・レター・トゥ・エリーズ(1990デモ)
4. Wendy Time [1990 Demo] / ウェンディ・タイム(1990デモ)
5. This Twilight Garden [Instrumental Demo] / ディス・トワイライト・ガーデン(インストゥルメンタル・デモ)
6. Scared As You [Instrumental Demo] / スケアード・アズ・ユー(インストゥルメンタル・デモ)
7. To Wish Impossible Things [Instrumental Demo] / トゥ・ウィッシュ・インポシブル・シング(インストゥルメンタル・デモ)
8. Apart [Instrumental Demo] / アパート(インストゥルメンタル・デモ)
9. T7 [Instrumental Demo] / T7(インストゥルメンタル・デモ)*
10. Now Is The Time [Instrumental demo] / ナウ・イズ・ザ・タイム(インストゥルメンタル・デモ)*
11. Miss van Gogh [Instrumental demo] / ミス・ヴァン・ゴッホ(インストゥルメンタル・デモ)*
12. T6 [Instrumental Demo] / T6(インストゥルメンタル・デモ)*
13. Play [Instrumental Demo] / プレイ(インストゥルメンタル・デモ)
14. A Foolish Arrangement [Instrumental Demo] / ア・フーリッシュ・アレンジメント(インストゥルメンタル・デモ)
15. Halo [Instrumental Demo] / ヘイロー(インストゥルメンタル・デモ)
16. Trust [Instrumental Demo] / トラスト(インストゥルメンタル・デモ)
17. Abetabw [Instrumental Demo] / Abetabw(インストゥルメンタル・デモ)*
18. T8 [Instrumental Demo] / T8(インストゥルメンタル・デモ)*
19. Heart Attack [Instrumental Demo] / ハート・アタック(インストゥルメンタル・デモ)*
20. Swing Change [Instrumental Demo] / スウィング・チェンジ(インストゥルメンタル・デモ)*
21. Frogfish [Instrumental Demo] / フロッグフィッシュ(インストゥルメンタル・デモ)*

CD 3:『Lost Wishes』、スタジオ・アウトテイク、12"リミックス、ライヴ、レア音源(*未発表曲、**未発表ヴァージョン)
1. Uyea Sound [Dim-D Mix] / オイエ・サウンド(Dim-D Mix)
2. Cloudberry [Dim-D Mix] / クラウドベリー(Dim-D Mix)
3. Off To Sleep… [Dim-D Mix] / オフ・トゥ・スリープ…(Dim-D Mix)
4. The Three Sisters [Dim-D Mix] / ザ・スリー・シスターズ(Dim-D Mix)
5. A Wendy Band [Instrumental] / ア・ウェンディ・バンド(インストゥルメンタル)*
6. From The Edge Of The Deep Green Sea [Partscheckruf Mix] / フロム・ジ・エッジ・オブ・ザ・ディープ・グリーン・シー(Partscheckruf Mix)**
7. Open [Fix Mix] / オープン(Fix Mix)
8. High [Higher Mix] / ハイ(Higher Mix)
9. Doing The Unstuck [Extended 12” Mix] / ドゥーイング・ジ・アンスタック(Extended 12" Mix)
10. Friday I’m In Love [Strangelove Mix] / フライデイ・アイム・イン・ラヴ(Stramgelove Mix)
11. A Letter To Elise [Blue Mix] / ア・レター・トゥ・エリーズ(Blue Mix)
12. End [Live In Paris 1992] / エンド(ライヴ・イン・パリ1992)**

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。