オールモスト・マンデーが新曲「sunburn」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

サンディエゴ発Z世代インディ・ポップ・バンド、almost monday(オールモスト・マンデー)が先週リリースしたばかりの2022年第1弾シングル「sunburn(サンバーン)」のヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

almost monday - sunburn - YouTube

サーフィンが共通の趣味でカリフォルニアのチルなエネルギーから影響を受けた彼らが綴った本楽曲は、照り付けるカリフォルニアの太陽とポップなサマー・ヴァイブスを彷彿とさせ、春真っ只中の日本で夏をいち早く感じさせてくれる曲。中毒性のあるビートとファンキーなギター・リックが印象的なカリフォルニア・サウンドと共に『二人で過ごした日々は束の間だったのに、ヒリつく日焼け(sunburn)のようにずっと君が消えない』とちょっぴり切ないカリフォルニアのひと夏の恋模様を歌っています。

リリース前にTikTokで公開されたティザー音源が320万回以上の再生数を記録し、大きな注目を浴びていました。

@almostmonday getting this one ready for summer !! #fy #fyp #band #indiemusic ♬ sunburn - almost monday

公開されたヴィジュアライザー・ビデオは、日の当たったプールやゴルフ場と思われる場所で撮影され、メンバーは楽曲のタイトル「sunburn」(日焼け)に合わせて、日焼け止めを塗っている姿も。特に、ヴォーカルのドーソンは自身の胸元に“sunburn”と日焼け止めで文字を書かれている姿が印象的な映像となっています。

昨年の夏、“ロラパルーザ”や“ファイアフライ・フェスティバル”などアメリカの人気大型音楽フェスに多数出演し、エルトン・ジョンやゼイン・ロウなど音楽業界の重要人物や大人気のK-POPアイドル=SEVENTEENのメンバーからもラブ・コールを受けるオールモスト・マンデー。

また、2月中旬よりスタートした自身初となるヘッドライン・ツアーを行い、その後、レーベルの先輩バンド、ジョイウェーヴのツアーにオープニング・アクトとして参加。音楽ジャーナリストの鈴木美穂さんが鑑賞した3月下旬に行われたロサンゼルス公演では、デビュー・シングル「broken people」や昨年の夏、日本でも話題となった楽曲「til the end of time」といったお馴染みの楽曲に加えて、未発表の新曲を3曲披露。全ての曲がキャッチーでダンサブルで楽しいので、彼らの曲を知らない観客も、すっかり取り込まれていました。ヴォーカルのドーソンの車がツアー中に盗まれるというハプニングもありましたが、バンドは初となるライブ・ツアーを成功に収めました。

今年の夏も6月にホールジーやキッド・カディ、J・コールらがヘッドラインを務め、ニューヨークで開催される“ガバナーズ・ボール”や8月にロードやデュラン・デュラン、ジャームズ・ベイらが出演し、オハイオで開催される“ワンダーバス・フェスティバル”といった大型音楽フェスへの出演が決定しているオールモスト・マンデー。今後の彼らの活躍にますます目が離せません。

almost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Sam Victoriaalmost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Sam Victoria

almost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Sam Victoriaalmost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Sam Victoria

almost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Kelly Hammondalmost monday(オールモスト・マンデー)Credit by Kelly Hammond

■商品情報

オールモスト・マンデー「sunburn」

オールモスト・マンデー「sunburn」
almost monday - sunburn
配信中
試聴・購入はこちら

■リンク
公式サイト
YouTube
日本公式Twitter

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。