ザ・ローリング・ストーンズの新曲「Angry」の和訳付きミュージック・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

10月20日に発売となるThe Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)18年振りのオリジナル・アルバム『Hackney Diamonds(ハックニー・ダイアモンズ)』のリードシングルで、10月13日21時からフジテレビ系にて放送される新ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』の主題歌にも決定して話題となっている新曲「Angry(アングリー)」の和訳付きミュージック・ビデオが公開となった。

【和訳付MV】ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」【フジ金9ドラマ『うちの弁護士は手がかかる』主題歌】 – YouTube

このミュージック・ビデオはアルバム『ハックニー・ダイアモンズ』の発表とともに公開となり、ザ・ローリング・ストーンズが3年前に発表した楽曲「リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン」のミュージック・ビデオの再生数を公開3日で突破し、日本でもYouTube全動画対象の「急上昇ランキング」にて12位まで上昇を果たしています。

ビデオの中では、過去の様々なストーンズが看板に映し出される中、米人気ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾート』で一躍有名となった俳優シドニー・スウィーニーがL.A.で車に乗っている姿が映し出されており、バンドのYouTubeチャンネルにはビデオの撮影舞台裏の映像も公開となっています。

Our music video Angry pays homage to the rock billboard scene in LA circa 1967 #therollingstones – YouTube

Behind the scenes of Angry #therollingstones – YouTube

ザ・ローリング・ストーンズの新曲「アングリー」は全英シングルチャートで34位を記録。ザ・ローリング・ストーンズがトップ40入りを果たすのは2005年に33位にランクインした「Rain Fall Down」以来18年ぶりの快挙となりました。

また同曲が主題歌となることが発表された『うちの弁護士は手がかかる』は、ムロツヨシ主演、平手友梨奈共演のリーガルエンターテインメントドラマ。ムロツヨシ演じるスター女優を育てた芸能事務所の元敏腕マネージャーの主人公・蔵前勉(くらまえ・べん)が、平手友梨奈演じる超エリートなのに猪突猛進な性格で空回りしてしまう新人弁護士・天野杏(あまの・あん)に振り回されながらパラリーガルとして奮闘し、次第に互いを認め合い最強バディに成長していく姿を描く、育成型リーガルエンターテイメント。『おっさんずラブ』シリーズ<2016年~2019年/テレビ朝日系>や『極主夫道』シリーズ<2020年~2022年/読売テレビ・日本テレビ系>などを手掛けた瑠東東一郎がメガホンをとります。

『うちの弁護士は手がかかる』は、30秒の特報映像も公開となっています。

【金9ドラマ】「うちの弁護士は手がかかる」予告映像・10月13日(金)21:00~放送! – YouTube

■商品情報

ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」

・CDシングル
ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」
2023年10月13日(金)発売
価格:1,100円(税込)/品番:UICY-5138
日本盤のみ 歌詞・対訳付
楽曲先行配信中
シングルCD/輸入アナログ盤はこちら

ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』

・アルバム
ザ・ローリング・ストーンズ『ハックニー・ダイアモンズ』
2023年10月20日(金)発売
国内盤全4形態で発売
予約はこちら
①CD(デジパック仕様)
②CD(ジュエルケース仕様)
③CD+ブルーレイ
④1LP(直輸入仕様/限定盤)
<日本盤CDのみ>
ボーナス・トラック1曲収録/英文解説翻訳付/歌詞対訳付/SHM-CD仕様

■『ハックニー・ダイアモンズ』トラックリスト
01. アングリー
02. ゲット・クロース
03. ディペンディング・オン・ユー
04. バイト・マイ・ヘッド・オフ
05. ホール・ワイド・ワールド
06. ドリーミー・スカイズ
07. メス・イット・アップ
08. リヴ・バイ・ザ・ソード
09. ドライヴィング・ミー・トゥー・ハード
10. テル・ミー・ストレイト
11. スウィート・サウンズ・オブ・ヘヴン
12. ローリング・ストーン・ブルース
13. リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン *日本盤のみボーナス・トラック
・アルバムゲストアーティスト
ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダー、ビル・ワイマン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事