アイラ・スターが最新アルバム『The Year I Turned 21』からギヴィオンを迎えた「Last Heartbreak Song」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ナイジェリアのシンガー、Ayra Starr(アイラ・スター)が最新アルバム『The Year I Turned 21』から新たにGiveon(ギヴィオン)を迎えた「Last Heartbreak Song」のミュージック・ビデオを公開した。

YouTubeAyra Starr - Last Heartbreak Song ft. Giveon - YouTube

Bobby Hanaford(ボビー・ハナフォード)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、ビーチを背景にアイラ・スターとギヴィオンが詩を交わし合い、失恋の生々しい脆弱性を捉えている。ビルボードのインタビューでは撮影の舞台裏や楽曲のインスピレーションなどを語っている。

約3年ぶりの新作となった2枚目のスタジオ・アルバム『The Year I Turned 21』は個人的な成長と内省の時期に考案され、ビルボードとのインタビューで、スターはアルバムが大人になること、愛、そして自己発見をナビゲートする彼女の経験に触発されたものであることを明らかにした。アフロビート、R&B、ポップからインスピレーションを得て、彼女の芸術的進化を反映したユニークなサウンドを生み出している。

アルバムにはギヴィオンの他にAsake(アサケ)、Anitta(アニッタ)Coco Jones(ココ・ジョーンズ)、Seyi Vibez、Rauw Alejandro(ラウ・アレハンドロ)、Rvssianがゲスト参加している。

■『The Year I Turned 21』トラックリスト
1. Bird Sing of Money
2. Goodbye (Warm Up (with Asake)
3. Commas
4. Woman Commando (with Anitta and Coco Jones)
5. Control
6. Lagos Love Story
7. Rhythm & Blues
8. 21
9. Last Heartbreak Song (with Giveon)
10. Bad Vibes (with Seyi Vibez)
11. Orun
12. Jazzy's Song
13. 1942 (with Milar)
14. The Kids Are Alright
15. Santa (with Rauw Alejandro and Rvssian)

■楽曲リンク
・Ayra Starr
→『The Year I Turned 21

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事