ビービー・レクサがデヴィッド・ゲッタと再びコラボ!「I’m Good (Blue)」に続く新曲「One in a Million」の音源を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

マルチ・プラチナム・ヒットメーカーのBebe Rexha(ビービー・レクサ)David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)を迎えたコラボ曲「One in a Million」をリリースし、音源を公開しました。

Bebe Rexha & David Guetta – One in a Million – YouTube

今作はデヴィッド・ゲッタがKelly Rowland(ケリー・ローランド)を迎え2009年にリリースしたシングル「When Love Takes Over」をサンプリングしており、「I’m Good (Blue)」同様ユーロダンスの影響を受けたクラブ・クラシック・ソングとなっています。ビービー・レクサはSNSで楽曲の一部を以前より投稿していたこともあり、ファンはそのリリースを期待していました。

「One in a Million」は今後リリースが予定されている3枚目のスタジオ・アルバム『Bebe』のデラックス盤に追加収録される予定です。

昨年2人がコラボしたシングル「I’m Good (Blue)」は大ヒットとなり、オーストラリア、オーストリア、カナダ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、イギリスなど22か国でチャートの1位を獲得。第65回グラミー賞の最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされ、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードのベスト・コラボレーション賞とiHeart Radio Music Awardのダンス・ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事