ラトーがDJキャレドを迎えたマライア・キャリーとのコラボ曲「Big Energy」リミックス盤の音源を公開

アトランタ出身のラッパー、Latto(ラトー)が昨年9月にリリースし最新アルバム『777』にも収録されている「Big Energy(ビッグ・エナジー)」にDJ Khaled(DJキャレド)を迎えたMariah Carey(マライア・キャリー)とのコラボ曲として新たにリミックス盤をリリースし、音源を公開しました。

Latto x Mariah Carey - Big Energy (feat. DJ Khaled) - YouTube

今作はTom Tom Club(トム・トム・クラブ)の1981年の曲「Genius of Love」をサンプリングし、先週リリースされたばかりの2枚目のスタジオ・アルバム『777』のリードシングルとしてリリースされ、TikTok世代に人気となり現在ビルボードチャートを上昇中のヒット曲となりました。

同じく1995年のヒット曲「Fantasy(ファンタジー)」でサンプリングで使用したマライア・キャリーとの今作のリミックスは昨年から構想されており、マライア自らハイトーンボイスを新たに提供したオープニングが追加。アルバムリリースからわずか3日後に、アルバムにも収録されていないリミックスがリリースされる形となりました。

3月27日はマライア・キャリーの誕生日だったこともあり、2人はツイッターでやり取り。ラトーにとって今作が初のヒット曲となったため彼女の成功のすべてで若いスターを祝福しました。

現在ビルボードホット100では14位をマークしており、明日発表予定の最新チャート、またリミックスの影響を受けた再来週のチャートアクションに注目となります。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。