チャーリーXCXが映画『バービー』サウンドトラック・アルバムに提供した「Speed Drive」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Charli XCX(チャーリーXCX)が、映画『バービー』のサウンドトラック・アルバム『Barbie The Album』に提供した「Speed Drive」のミュージック・ビデオを公開しました。

Charli XCX – Speed Drive (From Barbie The Album) – YouTube

Ramez Silyan(ラメズ・シリアン)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、ソーシャルメディアパーソナリティのDevon Lee Carlson(デヴォン・リー・カールソン)と共にピンクのオープンカーに乗って登場。チャーリーXCXは白いワンピース、ピンクの羽毛ボア、サングラスを着て助手席に乗り、デヴォン・リー・カールソンは放棄された駐車場でドリフトをするために車をオーバードライブさせます。車を降りたチャーリーXCXはカメラの前に立ちコーラスのパフォーマンスに向かう寸前、同じくサウンドトラック・アルバムに参加しているSam Smith(サム・スミス)から電話が鳴り、撮影が一旦ストップするという描写になっています。サム・スミスはテレビ電話という形でカメオ出演しており、会話が終わると再びパフォーマンスを始め、ラストには事故にあったような音と共に映像が終わります。

今作は2007年にスウェーデンのシンガー、Robyn(ロビン)がカバーしたTeddybears(テディベアーズ)の2004年の楽曲「Cobrastyle」をサンプリングしており、コーラス部分では耳馴染みの強いToni Basil(トニー・バジル)の代表曲「Mickey」の歌詞を引用しています。

チャーリーXCXは自身のインスタグラムでバービーとの思い出について語っており、「小さい頃はいつもバービーで遊んでいたけど、人生を変えるようなバービー体験は、4歳の時に両親と一緒にクルーズ船で休暇を過ごしたときでした(笑)。船上で才能コンテストがあったので、両親に出場させてくれるように懇願しました。特に、私がやりたかったのはアクアの「バービーガール」を一人でアカペラで歌うことだけで、音楽的なバックトラックも何もなかったので、彼らは私がステージに上がって崩れ去ると確信していました。私は髪をお下げにして、お気に入りのタータンチェックのスカートを着て、両親がびっくりして私が完全に衰弱する準備をしている間、誰もいない巨大なステージで歌を歌いました。でもどうやら私は大丈夫だったので、ただそこに立って歌っていました、私の小さな心はすべてを勝ち取りました。私はいつもバービー人形が与えてくれる現実逃避が大好きで、このサウンドトラックと映画に参加するのはまさに一周回ったような瞬間でした。だからマークとグレタ、私を迎え入れてくれて本当にありがとう。」と自身の幼少期の写真と共に投稿しています。

■『Barbie The Album』トラックリスト
1. Lizzo / Pink
2. Dua Lipa / Dance The Night
3. Nicki Minaj & Ice Spice / Barbie World (with Aqua)
4. Charli XCX / Speed Drive
5. KAROL G / WATATI (feat. Aldo Ranks)
6. TBA
7. Tame Impala / Journey To The Real World
8. Ryan Gosling / I’m Just Ken
9. Dominic Fike / Hey Blondie
10. HAIM / Home
11. TBA
12. The Kid LAROI / Forever & Again
13. Khalid / Silver Platter
14. PinkPantheress / Angel
15. GAYLE / butterflies
16. Ava Max / Choose Your Fighter
17. FIFTY FIFTY / Barbie Dreams (feat. Kali)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事