ソフィア・カーソンが愛を物語ったデビュー・アルバムからの究極の恋愛応援ソング「It's Only Love, Nobody Dies」の映画のようなダイナミックなミュージック・ビデオを公開

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)、日本時間4月30日にデビュー・アルバム『ソフィア・カーソン』からの最新シングル「It's Only Love, Nobody Dies(イッツ・オンリー・ラブ、ノーバディ・ダイズ)」のミュージック・ビデオが公開されました。

Sofia Carson - It's Only Love, Nobody Dies - YouTube

「It's Only Love, Nobody Dies」はタイトルからも伝わるように、“たかが恋でしょ、死ぬわけじゃない”と歌う力強いメッセージ性が込められた恋愛応援ソングであり、アルバムのヴィジュアル・テーマである5大元素のこれまで明かされてこなかった最後の要素<水>を表したキー・トラックとなっています。そのため、今回公開されたミュージック・ビデオに、美しい星空や鮮やかな水色のオープン・カー、雨を使った演出など、<水>の要素が象徴的に反映されています。また、アルバムの集大成とも呼べるミュージック・ビデオであるため、<火>や<空>といったこれまでリリースされたシングルのヴィジュアル要素も組み込まれ、アルバムが表すラブ・ストーリーを振り返ることができるSF映画のようなダイナミックな映像に仕上がっています。

アルバムの収録曲「LOUD」や「He Loves Me, But…」のビデオも手掛けたUri Schutzer(ウリ・シュッツァー)監督と再びタッグを組んだソフィアは、今回共作で脚本も担当。ソフィアの強い想いが込められた本ミュージック・ビデオについて、日本のインタビューで、「この楽曲をレコーディングした時から、過去のミュージック・ビデオとは違う、まるで短編映画のような物語ベースかつ幻想的で芸術的なものにしたいと思っていました。また、撮影時のお気に入りの瞬間は、雨の中でキスするシーンです。その理由は、多くの人が雨の中でキスというロマンチックな瞬間を想い描いていると思うけど、それを私たちはすごく美しくできましたし、午前3時に冷たい雨のシーンはとても楽しかったですね。」と語りました。

また、本楽曲に込めた力強いメッセージを通して伝えたい想いについてもインタビューで、「楽曲のタイトルに衝撃を受けました。すごく美しくて力強いメッセージですが、なかなかこういった言葉をかけられたことがないですね。失恋中は、世界の終わり、恋人がいないと生きていけないと思いますが、実際これはたかが恋で、死ぬわけじゃない、あなたは大丈夫、立ち直ることできる、と気が付くべきなんです。」とコメントしています。

ソフィア・カーソンは連日のアワード出席に加え、先日、ホワイトハウスに招待され、バイデン大統領と大統領夫人の前でパフォーマンスを披露したことで注目を浴びました。

他にも彼女自身で主演から製作総指揮、サウンドトラックの歌唱と作詞まで務めたNetflix新作映画『Purple Hearts』(原題)が7月29日に配信と発表され、デビュー・アルバムをリリースした今年は彼女にとって大きな飛躍の年になりそうです。

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)Sofia Carson(ソフィア・カーソン)

■商品情報

ソフィア・カーソン『ソフィア・カーソン』

デビュー・アルバム『ソフィア・カーソン』
「It's Only Love, Nobody Dies」収録
デジタル配信中
日本盤CD発売中
UICH-1018 3,630円(税込み)
試聴・購入はこちら

【日本盤CD収録内容】
来日時の写真を含むソフィア自らピックアップした写真を多数掲載
日本のファンに向けたソフィア直筆プリント・メッセージ(対訳付き)
ボーナス・トラックとして過去の人気シングル7曲を収録
ソフィアのインタビュー入り解説
全曲歌詞・対訳付き
初回限定特典:スマホサイズ・ジャケット・デザイン・ステッカー封入
【店舗別購入者特典】
・Amazon:メガジャケ
・タワーレコード:缶バッチ
・UNIVERSAL MUSIC STORE:A4クリアファイル + 限定抽選特典
・限定抽選特典
A賞:ソフィアとのオンライン・ミート&グリートへご招待(20名様)
B賞:海外オリジナル・グッズ(20名様)
・その他全国主要CDショップ&オンラインショップ:A4クリアファイル

【収録曲】*日本盤ボーナス・トラック
1. イッツ・オンリー・ラブ、ノーバディ・ダイズ(It’s Only Love, Nobody Dies)
2. ラウド(LOUD)
3. シュガー(Sugar)
4. タイムレス(Timeless)
5. ステイ(Stay)
6. コモ、クアンド・イ・ドンデ(Cómo, Cuándo Y Dónde)
7. スティル・ラブ・ユー(Still Love You)
8. フールズ・ゴールド(Fool's Gold)
9. ヒー・ラブズ・ミー、バット…(He Loves Me, But…)
10. トゥー・ティアーズ・イン・ア・バケット(Two Tears in a Bucket)
11. ラブ・イズ・ザ・ネーム(Love Is the Name)* 
12. バック・トゥ・ビューティフルfeaturing アラン・ウォーカー (Back to Beautiful featuring Alan Walker)* 
13. インズ・アンド・アウツ(Ins and Outs)* 
14. アイ・ラブ・ユー with R3HAB(I Luv U with R3HAB)* 
15. ミス・ユー・モア・ザン・ユー・ノウ with R3HAB(Miss U More Than U Know with R3HAB)* 
16. ゲス・アイム・ア・ライアー(Guess I'm a Liar)*
17. ホールド・オン・トゥ・ミー(Hold on to Me)*

■リンク
日本公式サイト
YouTube
Twitter
Instagram

(C) 2022 Hollywood Records, Inc.
発売・販売元:ユニバーサル ミュージック合同会社

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。