ディズニー&ピクサー最新作『マイ・エレメント』オリジナル・サウンドトラックより先行トラック「Steal The Show」が配信開始!今夏来日も決定している次世代シンガー・ソングライター=ラウヴが歌唱と楽曲制作を担当!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ディズニー&ピクサーが贈る最新作、火・水・土・風 のエレメント(元素)たちが暮らす世界を描く『マイ・エレメント』のオリジナル・サウンドトラックより音楽フェスティバル<SUMMER SONIC 2023>で今夏来日も決定しているポップ・ミュージック界の次世代シンガー・ソングライター=Lauv(ラウヴ)が歌唱する先行トラック「Steal The Show」が映画公開に先立って6月2日(金)に配信開始され、音源が公開されました。

Lauv – Steal The Show (From “Elemental”) – YouTube

6月1日(木)にアメリカのディズニー・ミュージックのSNSで突如“どのアーティストか分かりますか?”というテキストと共にティザー音源が公開され、配信前から大きな注目を集めた。

「Steal The Show」は『ファインディング・ニモ』『ウォーリー』などのスコアを手がけた作曲家トーマス・ニューマンとソングライターのマイケル・マトシック、そしてラウヴによる共同制作によるもので、劇中の一部およびエンドクレジットで使用予定。“火”の女の子〈エンバー〉が自分とは正反対な“水”の青年〈ウェイド〉と出会い、新たな世界を知っていくエレメント・シティでの特別な冒険を彩る楽曲となっています。

「この曲は、今までで一番好きな曲のひとつで、制作過程が全然違っていたからです。トーマス・ニューマンと一緒に座って、彼がつくっているサウンドをいくつか教えてもらいました。メロディーとコード、そしていくつかの重要な歌詞は、映画のシーンを見た後に完全にフリースタイルで制作しました。まさにその場での作業で、トーマスと何度もやり取りして、全体のサウンドスケープを作り上げ、それをラウヴのクラシックなサウンドと組み合わせたのは、本当にクールでした。」とラウヴは本楽曲について語りました。

Photo Credit by Lauren DunnPhoto Credit by Lauren Dunn

また、ピーター・ソーン監督は次のようにコメント。「ラウヴの音楽が大好きなので、ようやく彼と一緒に仕事をする機会に巡り合えた時、彼の曲とその使い方を参考にしました。彼は〈エンバー〉と〈ウェイド〉がお互いの中に見た美しさと、そしてふたりの出会いがもたらす奇跡を捉えていました。彼の歌を初めて聴いたとき、私たちはとても感動し、圧倒されました。彼がこの映画に与えてくれたものに、私たちは大きな感謝を感じています。」

ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100 周年の記念イヤーに贈る、だれも知らないイマジネーションあふれる色鮮やかなエレメント・シティでの奇跡の出会い、そして予想もできない新たな“もしもの世界”の驚きと感動の物語『マイ・エレメント』、音楽にもぜひご注目いただきたい作品です。

商品情報

Lauv「Steal The Show」

「Steal The Show」
ラウヴ
配信日:6月2日(金)
試聴はこちら:
Apple Music
Spotify
Amazon Music
LINE MUSIC
YouTube
発売・配信元:ユニバーサル ミュージック合同会社 パートナー・レーベルズ

■映画情報
ディズニー&ピクサー劇場最新作。
火・水・土・風の“エレメント(元素)”たちが暮らすエレメント・シティにはルールがある。
それは、“違うエレメントと関わらない”こと――。
だがある日、父の店を継ぐために頑張る火の女の子〈エンバー〉は偶然、自由な心を持つ水の青年〈ウェイド〉と出会う。
ずっと火の街にいたエンバーは、彼と初めて世界の広さに触れ、自分の新たな可能性を考え始める。
「私の本当にやりたいことって…?」
そんな時、シティを揺るがす事件が…。正反対の〈火〉と〈水〉のふたりは、 “奇跡の化学反応”でこの危機を救えるのか?
日本公開日:8月4日(金)劇場公開
監督:ピーター・ソーン(『アーロと少年』)
プロデューサー:デニス・リーム(『カーズ2』、『スター・ウォーズ エピソード 3 /シスの復讐』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
© 2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
映画公式HP

■ラウヴ バイオグラフィー
1994年8月8日生まれ。LAを拠点に活動するシンガー・ソングライター/プロデューサー。ギターを弾き始めた10歳の頃はグリーン・デイ等のポップ・パンクを聴き、その後はジョン・メイヤーなど幅広いアーティストに影響を受け、そのうちケイティ・ペリーなどのヒット曲の分析までするようになっていた。2015年にアーティストとしてのキャリアを始動し、NY大学在籍時に発売したシングル「The Other」がバイラルヒットした後、シングル「I Like Me Better」はSpotifyのみで10億回再生を記録。『I met you when I was 18.』のプレイリストを発表した2018年には、エド・シーランのツアーのサポートアクトも務め、2019年にはトロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」、アン・マリーとの「fuck, I’m lonely」を発表。2020年にはLANYやBTS等とのコラボ曲も収録した待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』をリリースし、全米Top20入りを果たしている。

■リンク
日本公式アーティストホームページ

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事