ソフィア・カーソン待望のデビュー・アルバム『Sofia Carson』日本盤CDがリリース!「LOUD」のスタジオ・ライブ・パフォーマンス動画も公開

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)が待望のデビュー・アルバム『Sofia Carson(ソフィア・カーソン)』からフォーカス・トラック「It's Only Love, Nobody Dies」に続き、女性エンパワーメント・アンセム「LOUD」のVevoスタジオ・ライブ・パフォーマンス動画を公開しました。

Sofia Carson - LOUD (Live Performance | Vevo) - YouTube

3月末に公開されたアップテンポである原曲「It's Only Love, Nobody Dies」は力強いバラード調でパフォーマンス。さらに、青を基調としていた「LOUD」のMVとは打って変わって、真っ赤なエレガントなドレスを着て、こちらもパワフルに歌唱。ソフィアの抜群の歌唱力が一目瞭然のライブ・パフォーマンス動画に仕上がっています。

Sofia Carson - It's Only Love, Nobody Dies (Live Performance) | Vevo - YouTube

『ソフィア・カーソン』は日本盤CDが4月6日(水)に発売。4月10日に29歳の誕生日を迎えるソフィアのバースデー・ウィークに発売、そして、世界で日本のみCD化された本作は、日本のファンのための超豪華収録内容。日本のファンへ向けたソフィア直筆プリント・メッセージや来日時の写真を含む彼女自らピックアップした写真が掲載されたブックレットの封入やボーナス・トラックとしてデビュー・シングル「Love Is the Name」や人気EDMアーティスト、アラン・ウォーカーとのコラボ曲「Back to Beautiful」など、過去の人気シングル7曲を追加収録。さらに、UNIVERSAL MUSIC STORE限定の購入者抽選特典でオンライン・ミート&グリートの実施も予定しています。

ヴァレンティノのエメラルドグリーンのドレス姿で話題を呼んだグラミー賞のレッドカーペットでデビュー・アルバムについて「ここ数年でアーティストとして大きく成長し、音楽、そして自分の心に没頭することができて、ストーリーに命を吹き込むことができました。ついにリリースされて今が最も嬉しい瞬間です。」と語っています。

ソフィア・カーソンは日本時間3月28日開催されたアカデミー賞、そして、4月5日に開催されたグラミー賞と連日アワードへの出席が続き、そのドレス姿が美しすぎると話題となりました。

アカデミー賞でのドレス姿はこちら:

グラミー賞でのドレス姿はこちら:

ウォルト・ディズニー・ワールド50周年記念のコカ・コーラ新ボトル・デザインの発表動画に出演したり、グラミー・ミュージアムでパフォーマンス予定だったりと、大きな露出が続き、さらに自身で主演から製作総指揮、サウンドトラックの歌唱と作詞まで務めたNetflix映画『Purple Hearts』(原題)も今年配信予定と彼女の活躍にますます目が離せません。

ウォルト・ディズニー・ワールド50周年記念のコカ・コーラ新ボトル・デザインの発表動画はこちら:

■商品情報

ソフィア・カーソン『ソフィア・カーソン』

デビュー・アルバム『ソフィア・カーソン』
デジタル配信中
日本盤CD発売中
UICH-1018 3,630円(税込み)
試聴・CD予約はこちら

【日本盤CD収録内容】
来日時の写真を含むソフィア自らピックアップした写真を多数掲載
日本のファンに向けたソフィア直筆プリント・メッセージ(対訳付き)
ボーナス・トラックとして過去の人気シングル7曲を収録
ソフィアのインタビュー入り解説
全曲歌詞・対訳付き
初回限定特典:スマホサイズ・ジャケット・デザイン・ステッカー封入
【店舗別購入者特典】
・Amazon:メガジャケ
・タワーレコード:缶バッチ
・UNIVERSAL MUSIC STORE:A4クリアファイル + 限定抽選特典
・限定抽選特典
A賞:ソフィアとのオンライン・ミート&グリートへご招待(20名様)
B賞:海外オリジナル・グッズ(20名様)
・その他全国主要CDショップ&オンラインショップ:A4クリアファイル

【収録曲】*日本盤ボーナス・トラック
1. イッツ・オンリー・ラブ、ノーバディ・ダイズ(It’s Only Love, Nobody Dies)
2. ラウド(LOUD)
3. シュガー(Sugar)
4. タイムレス(Timeless)
5. ステイ(Stay)
6. コモ、クアンド・イ・ドンデ(Cómo, Cuándo Y Dónde)
7. スティル・ラブ・ユー(Still Love You)
8. フールズ・ゴールド(Fool's Gold)
9. ヒー・ラブズ・ミー、バット…(He Loves Me, But…)
10. トゥー・ティアーズ・イン・ア・バケット(Two Tears in a Bucket)
11. ラブ・イズ・ザ・ネーム(Love Is the Name)* 
12. バック・トゥ・ビューティフルfeaturing アラン・ウォーカー (Back to Beautiful featuring Alan Walker)* 
13. インズ・アンド・アウツ(Ins and Outs)* 
14. アイ・ラブ・ユー with R3HAB(I Luv U with R3HAB)* 
15. ミス・ユー・モア・ザン・ユー・ノウ with R3HAB(Miss U More Than U Know with R3HAB)* 
16. ゲス・アイム・ア・ライアー(Guess I'm a Liar)*
17. ホールド・オン・トゥ・ミー(Hold on to Me)*

■リンク
日本公式サイト
YouTube
Twitter
Instagram

(C) 2022 Hollywood Records, Inc.
発売・販売元:ユニバーサル ミュージック合同会社

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。