フォール・アウト・ボーイが約5年ぶりとなる新作アルバムが3/24にリリース!リード曲「Love From The Other Side」のミュージック・ビデオを公開

Fall Out Boy(フォール・アウト・ボーイ)が約5年ぶりとなる8枚目のスタジオ・アルバム『So Much (for) Stardust』を3月24日にリリースすることを発表。リード曲として「Love From The Other Side」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Fall Out Boy - Love From The Other Side - YouTube

公開されたミュージック・ビデオでは、コテージで孫娘を寝かしつけるPete Wentz(ピート・ウェンツ)が老人として登場し、フォール・アウト・ボーイの神話の物語を語ります。一冊の本を棚から取り出すと、本の世界へ映像がシフトし、バンドが彼らの音楽を嫌う彼らの架空の都市の邪悪な市長に苦しめられ、壮大な戦いが繰り広げられる様子が描かれます。話し終わる頃には孫娘は寝静まり、布団をかけてあげる描写に移ります。

フォール・アウト・ボーイはアイランド・レコードとのアルバム契約の締結に続き、デビュー時の2003年に契約していたフュエルド・バイ・ラーメンと再び契約。さらにエレクトラ・レコードとも契約し、約5年ぶりとなる8枚目のスタジオ・アルバム『So Much (for) Stardust』は2008年のアルバム『Folie à Deux』以来、再びNeal Avron(ニール・アヴロン)によってプロデュースされたことも発表。ボーカリストのPatrick Stump(パトリック・スタンプ)は、アルバムの制作について、「テクノロジーのおかげで、最近はレコードをはるかに迅速に作成することが本当に簡単になりました。それは何も悪いことではありません。その自発性は刺激的です...しかし、私たちは以前のやり方に戻りたいと思っていました。本当に愛情を込めて作られ、慎重に、そして辛抱強く導かれたレコード – まるで誰かがあなたに繊細な食事を作ったかのように。私はあまり誇りに思っているわけではありませんが、このレコードをかなり誇りに思っています。」とコメントしています。

またシングルのリリースとアルバムの発表と同じ日に、ギタリストのJoe Trohman(ジョー・トローマン)はSNSで、メンタルヘルスに専念するためにバンドを休むことを発表。「ニール・ヤングはかつて、消え去るよりも燃え尽きる方が良いと遠吠えした。しかし、燃え尽きることは恐ろしいことだとはっきりと言えます。すべての詳細を明らかにすることなく、ここ数年で私のメンタルヘルスが急速に悪化したことを明らかにしなければなりません。だから、消えて二度と戻ってこないようにするために、残念ながらフォール・アウト・ボーイから離れて呪文を唱えることを含む仕事から休憩を取ります。」と述べています。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。