パニック!アット・ザ・ディスコが8月リリースの最新アルバム『Viva Las Vengeance』から新曲「Middle Of A Breakup」のミュージック・ビデオを公開

Panic! At The Disco(パニック!アット・ザ・ディスコ)が8月19日にリリースする約4年ぶりとなる7枚目のスタジオ・アルバム『Viva Las Vengeance(ヴィヴァ・ラス・ヴェンジャンス)』から新曲「Middle Of A Breakup(ミドル・オブ・ア・ブレイクアップ)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Panic! At The Disco – Middle Of A Breakup – YouTube

Brendan Walter(ブレンダン・ウォルター)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、1978年のロマンティックコメディ映画『グリース』を彷彿とさせるシーンでブレンドンユーリーをフィーチャーしながら、衣装で別れる真っ只中の段階を通して、ガールフレンドと一緒にユーリーを示しています。

ガールフレンド役には女優のLeah Adler(リア・アドラー)が出演。それぞれ役名も用意され、ユーリーはBoyd(ボイド)、そしてリアはMaggie(マギー)として出演しています。

今作がリリースされる前のSNSの投稿では、「Maggie’s Farm Honey」と書かれた画像に加え、曲の一部も投稿。既に公開されているトラックリストにある9曲目の「Something About Maggie」ではないかと予想されていましたが、リリースされたのは「Middle Of A Breakup」でした。その点を考えるとMaggie(マギー)は『Viva Las Vengeance』のひとつのテーマとしての要素が強いキーワードとなっているのかもしれません。

■『Viva Las Vengeance』トラックリスト
1. Viva Las Vengeance
2. Middle of a Breakup
3. Don’t Let the Light Go Out
4. Local God
5. Star Spangled Banger
6. God Killed Rock and Roll
7. Say It Louder
8. Sugar Soaker
9. Something About Maggie
10. Sad Clown
11. All by Yourself
12. Do It to Death

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。