マンモスWVHが米人気番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で披露した「I’m Alright」の映像が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Wolfgang Van Halen(ウルフギャング・ヴァン・ヘイレン)のソロ・プロジェクト、Mommoth WVH(マンモスWVH)が、米人気番組の『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演し、昨年リリースの最新アルバム『Mammoth II』から「I’m Alright」のパフォーマンスを行った際の映像が公開されました。

Mammoth WVH – I’m Alright – YouTube

『Mammoth II』は父親のEddie Van Halen(エドワード・ヴァン・ヘイレン)が2020年に亡くなり、ウルフギャングにとっては初めて父親がいない状態でのセッションとなりましたが、すべての作曲、ボーカル、楽器編成(ギター、ベース、ドラム)はウルフギャングによって演奏され、アルバムは音楽プロデューサーのMichael “Elvis” Baskette(マイケル・”エルヴィス”・バスケット)とともにロサンゼルスのスタジオ シティ地区にある5150スタジオで録音されました。全米ビルボードのトップ・ハード・ロック・アルバム・チャート、全英ロック&メタル・アルバム・チャートで1位を獲得しています。

マンモスWVHは『Mammoth II』をサポートする2024年のヘッドライン ツアーの日程を発表。2月21日から3月10日まで予定されているファーストレグでは、ギタリストのNita Strauss(ニタ・ストラウス)が参加。3月28日から4月29日まではヨーロッパを回り、5月4日から5月17日まで予定されているセカンドレグでは、カナダのバンド、INTERVALS(インターヴァルズ)が特別ゲストとして迎えられます。

■『Mammoth II』トラックリスト
1. Right?
2. Like a Pastime
3. Another Celebration at the End of the World
4. Miles Above Me
5. Take a Bow
6. Optimist
7. I’m Alright
8. Erase Me
9. Waiting
10. Better Than You

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事