フジロックで初来日が決まっている現在18歳の新人アーティスト、d4vd(デヴィッド)が5/26にリリースするデビューEPのジャケット写真とトラック・リストを同時に公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

テキサス州ヒューストン出身の実力派新人アーティストd4vd(デヴィッド)が本日2023年5月26日にリリースするデビューEP『Petals to Thorns(ペタルズ・トゥ・ソーンズ)』の全曲トラックリストとアートワークを同タイミングで公開しました。

d4vdd4vd

待望のデビューEP『ペタルズ・トゥ・ソーンズ』はR&Bやインディー・ロック、グランジまで多様なジャンルのリスナーを魅了できるような9曲を収録した作品となることが予定されています。記録的なヒットでRIAAプラチナ認定も受けた「ロマンティック・ホミサイド」、TikTokを中心にバズを起こしたこちらもRIAAゴールド認定を受けている「ヒア・ウィズ・ミー」をはじめ彼の音楽人生において重要な楽曲である「ワースレス」や「プラシーボ・エフェクト」、「ユー・アンド・アイ」その他4曲の新曲も収録予定となっています。中でも「ディス・イズ・ハウ・イット・フィールス」はアイスランド発の深みのある大人びた歌声、ジャズやクラシックにポップス感覚を取り入れた独自のサウンドが話題を呼ぶシンガー・ソングライター、Laufey(レイヴェイ)をフィーチャリングに迎えた楽曲となっています。

今年の夏にはd4vdが世界の訪れたい国で1番に名前が上がっていた日本への初来日が決定しており、3日間に渡り開催されるFUJI ROCK FESTIVAL 2023の2日目、7月29日にd4vdの出演が予定されています。
詳細はこちら

YouTubed4vd – Petals To Thorns [EP & Tour Trailer] – YouTube

■楽曲情報

d4vd『Petals to Thorns』

アルバムEP『Petals to Thorns(ペタルズ・トゥ・ソーンズ)』
リリース日:2023年5月26日

■『Petals to Thorns』トラックリスト
1. スリープ・ウェル / Sleep Well
2. ヒア・ウィズ・ミー / Here With Me
3. ディス・イズ・ハウ・イット・フィールス (feat. レイヴェイ) / This Is How It Feels (feat Laufey)
4. ドント・フォーゲット・アバウト・ミー / Don’t Forget About Me
5. ワースレス / WORTHLESS
6. バックストリート・ガール/ Backstreet Girl
7. ユー・アンド・アイ / You and I
8. ロマンティック・ホミサイド / Romantic Homicide
9. ザ・ブリッジ / The Bridge

■アーティスト情報
HP
Instagram
Twitter
Sound Cloud
TikTok

■バイオグラフィー
テキサス州ヒューストン出身のd4vd(読み方:デヴィッド)は、Spotify USトップ50チャートで2位、Spotify USバイラルチャート で1位を獲得した超新星シングル「ロマンティック・ホミサイド(Romantic Homicide)」でインターネット上に突如登場しました。d4vd(デヴィッド)の アーティストとしてのスタートは2021年までさかのぼり、ジャンルの垣根を超えたシングルを次々と発表して きました。プロフェッショナルな音楽機材はもちろん、スタジオへのアクセスも限られていたd4vd(デヴィッド)は、SNS上で自らプロデューサーたちと繋がり、作品に自分のボーカルをiPhoneだけで録音することで音楽制作を開始しました。そこから、熱心なゲームプレイヤーでもあるこの10代の奇才は、「フォートナイト」をプレイしながら自分の楽曲を紹介し始め、ゲーム配信の視聴者や仲間のゲーム・プレイヤーから、“楽曲をリリースした方がいいよ”という熱烈な関心を集めました。d4vd(デヴィッド)はTikTok上でBandLabというアプリを使って自分の音楽の別バージ ョンをアップロードし、数百万以上の再生数を記録。楽曲がリリースされる前に自分のページでオリジナル・ サウンドを投稿、実力派新人のアーティストとしての軌跡はまだ幕を開けたばかりです。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事