ポスト・マローンが最新アルバム『Twelve Carat Toothache』から「Insane」のミュージック・ビデオを公開!更に新たに2曲を加えたデラックスバージョンが突如リリース!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

本日、Post Malone(ポスト・マローン)が突如として6月3日にリリースされたアルバム『Twelve Carat Toothache(トゥエルヴ・カラット・トゥースエイク)』のデラックスバージョンをリリースし、併せてアルバム収録曲「Insane(インセイン)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Post Malone – Insane – YouTube

公開されたミュージック・ビデオの中で、ポスト・マローンはプールサイドで夜更かしを楽しんでいる様子を映し出しており、ズボンのみという出で立ちのラッパーは、タトゥーを全面に押し出し、タバコを一服し、ビールを一口飲んで踊りながらおどけたキャラクターをアピールしています。

今年8月に「サマーソニック2022」でヘッドライナーを務める事も発表されており、久々の来日となるジャンルを超越した世界的スーパースターのポスト・マローンの新作は実に3年ぶり。今作は、2020年のコロナ禍に、落ち着かない気持ちになったことを受けてマリブで書かれたもので、14曲(ボイスメモのデモを含む)から、彼がいかに自分のサウンドを広げようと努力しているかが、少しずつ伝わってくる内容にとなっています。

先月には、アルバム収録曲である「Cooped Up feat. Roddy Ricch」 と 「Love/Hate Letter To Alcohol feat. Fleet Foxes」をSaturday Night Liveにて披露。また、ディズニーの「Chip ‘N Dale: Rescue Rangers」のオリジナルサウンドトラックに参加し、テーマ曲である「Chip ‘N Dale: Rescue Rangers」をリリースしています。

昨年末、ポストはザ・ウィークエンドとの爆発的なヒット曲 「One Right Now」をリリースし、この曲はBillboard Hot 100のトップ10に入り、数ヶ月の間に10億回以上のストリーミングを記録しています。

■ リリース情報

ポスト・マローン『トゥエルヴ・カラット・トゥースエイク』

Post Malone ポスト・マローン 
『Twelve Carat Toothache』 
『トゥエルヴ・カラット・トゥースエイク』
絶賛発売中
発売元:Mercury Records / republic records / Universal Music
デジタル配信URL
輸入盤CD
国内盤CD:7月20日発売予定 

■リンク
日本公式HP
海外公式HP
海外Instagram
海外Twitter

■ポスト・マローン:プロフィール
1995年生まれ、アメリカ・ニューヨーク州出身。本名はオースティン・リチャード・ポスト。ラッパー、シンガーソングライター、レコーディング・プロデューサー、ギタリストなど、幅広い才能を持つアーティストとして活躍する。
2016年にアルバム『ストーニー』でデビュー。4曲が全米シングル・チャートのTOP10にチャート・インした上、デビュー・アルバムながらにしてプラチナム・ディスク認定を受けた。また世界中で30億回以上ストリーミングされ、「最もストリーミング再生された新人アーティスト」として話題になった。
2017年にシングル「ロック・スター feat. 21サヴェージ」をリリース。8週に渡って全米シングル・チャートの1位を記録し、世界に驚異的なインパクトを与えた。2018年リリースの「サイコ feat. タイ・ダラー・サイン」でも全米シングル・チャートの1位を獲得。同年に両曲を収録したセカンド・アルバム『ビアボングス&ベントレーズ』を発表し、全米アルバム・チャートの1位に輝く。
本作を引っさげて初来日を果たし、「フジロックフェスティバル’18」に出演。15,000人収容の「ホワイト・ステージ」でフェス1日目のトリを飾った。また『ビアボングス&ベントレーズ』は、第61回グラミー賞で主要部門の「最優秀アルバム賞」と「最優秀レコード賞」を含む4部門にノミネートされた。
2019年にサード・アルバム『ハリウッズ・ブリーディング』をリリースし、再び全米アルバム・チャートの1位を獲得。同年、Spotifyにより「最もストリーミングされたアーティスト」に認定された。本作はアメリカン・ミュージック・アワード(2019)やビルボード・ミュージック・アワード(2020)を受賞した他、第63回グラミー賞で3部門にノミネートされている。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事