DJ KOO、デュア・リパの新作アルバム『Radical Optimism』リリース・パーティで「フルコースな」スペシャルDJをプレイ!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

美と知性が交差するスタア、Dua Lipa(デュア・リパ)の新作アルバム『Radical Optimism(ラジカル・オプティミズム)』の発売を記念したパーティが本日5月10日(金)、中目黒HVEN(ヘイヴン)にて行われた。

Credit Tyrone LebonCredit Tyrone Lebon

HVENは、今年の3月に中目黒にオープンし、新たなカルチャー発信基地として注目を集める話題のホット・スポット。

デュア・リパの今回のテーマカラーでもある“赤”に統一した空間の中で、DJによるデュア・リパをイメージした選曲での演出、フォトブース、物販ブース、レッドカラーのドリンクなど、デュア・リパにまつわるエッジの効いたコンテンツが用意され、約300人の関係者、ファンを集めて、アルバムのリリースパーティが実施された。

そして、そのパーティの盛り上げのために、日本を代表する屈指の盛り上げ番長DJ KOOが電撃参戦。

DJ KOOと言えば、トータルCDセールスが2,200万枚を超え、今なお多くの人に愛され続けているTRFのDJ、リーダー。

DJ KOODJ KOO

デュア・リパの新作アルバム『Radical Optimism』は、90年代のブリット・ポップ、そしてUKレイヴの雰囲気を取り入れたアルバムとなっているが、日本のレイヴ・カルチャーを牽引した立役者の一人としてDJ KOO以上の存在はない為、デュア・リパの所属レコード会社より熱烈オファーがあり、出演が快諾された形だ。

開演時間になるとステージに現れたレジェンド、DJ KOOの姿に観客は信じられない様子だったが、「デュア・リパのフルコース」のセットリストと、「今日はパーティなんだからさ!盛り上がっていこう!」というアゲアゲなMCによって、会場はすぐに一体化した。

局面を迎えたのは昨年映画『バービー』で大ヒットした楽曲「Dance The Night」。曲が始まると歓声が沸き上がり、コーラスの大合唱が起こった。DJ KOOが「僕ね、めっちゃ好きなんですよ、これでみんなと一つになりたいと思います」と流したのは、最新アルバムの最後に収録されている「Happy For You」。観客一丸となってスマホでライトアップをし、会場が綺麗に照らし出された。

UKチャート1位となったCalvin Harris(カルヴィン・ハリス)との大ヒット曲「One Kiss」ではディスコボールの衣装に身を包んだドラァグクイーンたちがフロアの中心でダンスを披露し、会場は大盛り上がり。最新作収録の「Illusion」では会場一体となってジャンプをして楽しむ様子が見られた。

DJ KOOが「ちょっと掟破りなんですが、どうしてもDJをやっているとかけたくなってしまう曲があるんですよ、覚悟してください!」とTRF「EZ TO DANCE」を流すと、会場は最高潮に。世代、国籍、性別、といったすべての垣根を超えて、「EZ TO DANCE!」と叫びながらジャンプする観客の姿は圧巻だった。「ありがとう、DJ KOOでした!デュア・リパ、最KOO!」とプレイを終えると、客席と一緒に写真を撮って楽しむ姿も。最新アルバムのタイトルである「Radical Optimism(意味:過激なまでに楽観的)」を体現するようなステージとなった。

■DJ KOO DJプレイリスト
1. End Of An Era
2. Houdini
3. Training Season
4. Dance The Night
5. Levitating
6. Happy For You
7. Scared To Be Lonely / Martin Garrix & Dua Lipa
8. Sweetest Pie / Megan Thee Stallion & Dua Lipa (David Guetta Dance Remix)
~Overnight Sensation / TRF ~
9. One Kiss – Bounce Generation / TJR& VINAI
10. Don’t Start Now
11. Illusion
12. EZ DO DANCE / TRF

■商品情報

Dua Lipa『Radical Optimism』

アーティスト:Dua Lipa / デュア・リパ
タイトル:Radical Optimism / ラジカル・オプティミズム
リリース:2024年5月3日(金)/ 国内盤CD 2024年5月8日(水)
楽曲リンク

デュア・リパ自身の自己発見から触発されたアルバムは、Radical(過激)なまでにOptimism(楽観的)を表現する意味が込められている。

以前は魂を押しつぶすかのように震えていた別れや弱みが、自ら楽観主義を選び、混沌の中でも優雅に動き始める際のマイルストーンとなるという。

■『Radical Optimism』トラックリスト
1. End of an era
2. Houdini
3. Training Season
4. These Walls
5. Whatcha doing
6. French Exit
7. Illusion
8. Falling forever
9. Anything for love
10. Maria
11. Happy for you
12. Houdini (London Sessions) *
13. Training Season (London Sessions) *
14. Illusion (London Sessions) *
*国内盤ボーナストラック

■楽曲リンク
・Dua Lipa
→『Radical Optimism

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事