ビリー・アイドルが「Rebel Yell」「Eyes Without A Face」のVevoスタジオ・パフォーマンスを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ロック界のレジェンドことBilly Idol(ビリー・アイドル)が「Rebel Yell」、「Eyes Without A Face」のVevoスタジオ・パフォーマンスを公開している。

YouTubeBilly Idol – Rebel Yell (Live Performance) | Vevo – YouTube

YouTubeBilly Idol – Eyes Without A Face (Live Performance) | Vevo – YouTube

ビリー・アイドルはソロ・デビュー・アルバム『Billy Idol(ビリー・アイドル)』とソロ2作目『Rebel Yell(邦題:反逆のアイドル)』のエクスパンデッド・エディションを先月リリース。

海外では昨年7月にリリースされたソロ・デビュー・アルバム『ビリー・アイドル』の発売40周年を記念したエクスパンデッド・エディションには、オリジナル・アルバムに収録された全10曲に加え、近年発掘された名曲「ホワイト・ウェディング(原題:White Wedding)」の12分に及ぶクラブランド・エクステンデッド・リミックスを収録。さらにDISC 2には1982年8月12日にカリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのザ・ロキシーで行われたコンサートの未発表ライヴ音源を収録している。ソロ・デビュー時からのビリー・アイドルのよきパートナーであるスーパー・ギタリストのスティーヴ・スティーヴンスをフィーチャーした、キーボード奏者を含む5人編成のバンドで、1982年7月のアルバム発売直後の同年8月12日にL.A.のサンセット・ストリップにある老舗ライブハウス、ザ・ロキシーで行なわれた未発表のライヴ音源全15曲をDISC 2に収録。ソロ・デビュー・アルバムの収録曲に加え、「レディ、ステディ、ゴー」、「キス・ミー・デッドリー」、「ダンシング・ウィズ・マイセルフ」といったジェネレーションX時代のヒット曲も披露している。これにより、盟友スティーヴ・スティーヴンスとのコンビによる最初期の未発表ライヴが初めて日の目を見ることとなった。

『反逆のアイドル』のエクスパンデッド・エディションには、未発表曲やデモ音源、大ヒット曲「アイズ(原題:Eyes Without A Face)」のプールサイド・リミックスに加え、ビリー・アイドル/スティーヴ・スティーヴンスの共作コンビが手掛けた未発表オリジナル曲「ベスト・ウェイ・アウト・オブ・ヒア(原題:Best Way Out of Here)」のオリジナル・セッション音源が収録。また、同アルバムのオリジナル・レコーディング・セッション時に録音された音源から、ローズ・ロイスのシングル「ラヴ・ドント・リヴ・ヒア・エニモア(原題:Love Don’t Live Here Anymore)」をアイドル流に解釈した未発表カヴァー・ヴァージョンが収録されている。

REBEL YELL - EXPANDED EDITION / BILLY IDOL - EXPANDED EDITIONREBEL YELL – EXPANDED EDITION / BILLY IDOL – EXPANDED EDITION

■商品情報

ビリー・アイドル『ビリー・アイドル - エクスパンデッド・エディション』

・ビリー・アイドル『ビリー・アイドル – エクスパンデッド・エディション』
BILLY IDOL / BILLY IDOL – EXPANDED EDITION
2024年4月26日発売
品番: UICY-16216/7
価格: 3,960円(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様
購入はこちら

■『BILLY IDOL – EXPANDED EDITION』トラックリスト
DISC 1 – ビリー・アイドル Billy Idol
1. カモン、カモン Come On, Come On
2. ホワイト・ウェディング White Wedding (Part 1)
3. ホット・イン・ザ・シティ Hot In The City
4. デッド・オン・アライヴァル Dead On Arrival
5. ノーバディズ・ビジネス Nobody’s Business
6. ラヴ・コーリング Love Calling
7. ホール・イン・ザ・ウォール Hole In The Wall
8. シューティング・スター Shooting Stars
9. イッツ・ソー・クルエル It’s So Cruel
10. コンゴ・マン Congo Man
11. ホワイト・ウェディング(クラブランド・エクステンデッド・リミックス)(未発表音源)*
White Wedding (Clubland Extended Remix) (Previously Unreleased)*
DISC 2 – ライヴ・フロム・ザ・ロキシー 1982 Live From The Roxy, 1982* (Previously Unreleased)*
1. ベイビー・トーク Baby Talk
2. アンタッチャブルズ Untouchables
3. カモン、カモン Come On, Come On
4. ホット・イン・ザ・シティ Hot In the City
5. デッド・オン・アライヴァル Dead On Arrival
6. ヘヴンズ・インサイド Heavens Inside
7. レディ・ステディ・ゴー Ready Steady Go
8. ホール・イン・ザ・ウォール Hole In The Wall
9. シューティング・スター Shooting Stars
10. キス・ミー・デッドリー Kiss Me Deadly
11. ホワイト・ウェディング White Wedding
12. ノーバディズ・ビジネス Nobody’s Business
13. ダンシング・ウィズ・マイセルフ Dancing With Myself
14. モニー・モニー Mony Mony
15. トライアンフ Triumph
*未発表音源 / DISC 2は全曲未発表音源

ビリー・アイドル『反逆のアイドル - エクスパンデッド・エディション』

・ビリー・アイドル『反逆のアイドル – エクスパンデッド・エディション』
BILLY IDOL / REBEL YELL – EXPANDED EDITION
2024年4月26日発売
品番: UICY-16218/9
価格: 3,960円(税込)
日本盤のみSHM-CD仕様
購入はこちら

■『REBEL YELL – EXPANDED EDITION』トラックリスト
DISC 1
1. 反逆のアイドル Rebel Yell
2. デイタイム・ドラマ Daytime Drama
3. アイズ Eyes Without A Face
4. ブルー・ハイウェイ Blue Highway
5. フレッシュ・フォー・ファンタジー Flesh For Fantasy
6. キャッチ・マイ・フォール Catch My Fall
7. クランク・コール Crank Call
8. スタンド・イン・ザ・シャドー (Do Not) Stand In The Shadows
9. ザ・デッド・ネクスト・ドア The Dead Next Door
DISC 2
1. ベスト・ウェイ・アウト・オブ・ヒア* Best Way Out Of Here*
2. ラヴ・ドント・リヴ・ヒア・エニモア* Love Don’t Live Here Anymore*
3. デイタイム・ドラマ(デモ)* Daytime Drama (Demo)*
4. フレッシュ・フォー・ファンタジー(デモ)* Flesh For Fantasy (Demo)*
5. キャッチ・マイ・フォール(アーリー・ヴァージョン)* Catch My Fall (Early Version)*
6. クランク・コール(デモ)* Crank Call (Demo)*
7. スタンド・イン・ザ・シャドー(デモ)* (Do Not) Stand In The Shadows (Demo)*
8. 反逆のアイドル(セッション・テイク) Rebel Yell (Session Take)
9. ブルー・ハイウェイ(オリジナル・デモ) Blue Highway (Original Demo)
10. フレッシュ・フォー・ファンタジー(セッション・テイク) Flesh For Fantasy (Session Take)
11. キャッチ・マイ・フォール(オリジナル・デモ) Catch My Fall (Original Demo)
12. モーターバイキン(セッション・テイク) Motorbikin’ (Session Take)
13. アイズ(プールサイド・リミックス) Eyes Without A Face (Poolside Remix)
*未発表音源

■ビリー・アイドルについて
ビリー・アイドルは46年間に亘り、ロックン・ロールを象徴する顔の一つであり、それを代表する声の一つであった。1977年から1981年にかけ、ジェネレーションXのフロントマンとして3枚のアルバムをリリース。1982年には大西洋を挟む英米両国を股にかけ、ジャンルを超えたソロ活動に乗り出し、大胆かつシンプルなパンク路線をロックン・ロールの退廃と融合させた。この10年間、減速することなくコンスタントに世界中をツアーしてきたアイドルは、2021年に『The Roadside EP』を、2022年に『The Cage EP』をダークホース・レコードからリリースし、ファンと評論家筋の両方面から賞賛を浴びている。2023年1月には、“ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムの星”を初獲得。ハリウッドの伝説にその名を刻んだ。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事