7月に来日公演を控えるスパークスのニュー・アルバム『涙のラテ』日本盤CDの発売が決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

カルト的人気を誇り、昨年には2本の映画、『アネット』(原案・音楽を担当)・『スパークス・ブラザーズ』(主演ドキュメンタリー)の立て続けの公開を経て、キャリア半世紀を超えた今ますます勢いを増すポップ・デュオ、Sparks(スパークス)。彼らのニュー・アルバム『涙のラテ(原題:The Girl Is Crying In Her Latte)』の日本盤が、6月23日に発売されることが決定しました。日本盤には、解説・歌詞・対訳他、未発表曲のボーナス・トラック1曲が収録される予定で、更に高音質で楽しめるよう、SHM-CDでのリリースとなります。

Photo by Munachi OsegbuPhoto by Munachi Osegbu

ボーナス・トラックを含め、全15曲が収録された本アルバムについて、彼らにとって約50年ぶりにアイランド・レコードからリリースするスタジオ・アルバムとなるが、ロンとラッセルは「当時、そしてキャリアを通じて常にやってきたように、今回のアルバムも大胆で妥協のない」作品に仕上がっていると説明しています。

なお、本アルバムの先行曲として、女優のケイト・ブランシェットがミュージック・ビデオに出演したことでも話題になったタイトル・トラック「The Girl Is Crying In Her Latte」、往年の名女優を題材にした「Veronica Lake」が、すでにリリースされています。

YouTubeSparks - The Girl Is Crying In Her Latte - YouTube

また、本アルバムのデジタルリリース・輸入盤発売は、5月26日に予定されています。

■楽曲情報

スパークス「ザ・ガール・イズ・クライング・イン・ハー・ラテ」

『涙のラテ』[SHM-CD]
2023/6/23発売 / 日本盤CD: 解説・歌詞・対訳 付 / UICI-1162 / SHM-CD / ボーナス・トラック1曲収録予定 /定価:2,860円(本体2,600円 税率10%)
試聴はこちら

■『涙のラテ』トラック・リスト
1. ザ・ガール・イズ・クライング・イン・ハー・ラテ / The Girl Is Crying in Her Latte
2. ヴェロニカ・レイク / Veronica Lake
3. ナッシング・イズ・アズ・グッド・アズ・ゼイ・セイ・イット・イズ / Nothing Is As Good As They Say It Is
4. エスカレーター / Escalator
5. ザ・モナ・リザズ・パッキング、リーヴィング・レイト・トゥナイト / The Mona Lisa's Packing, Leaving Late Tonight
6. ユー・ワー・ミーント・フォー・ミー / You Were Meant for Me
7. ノット・ザット・ウェル・ディファインド / Not That Well-Defined
8. ウィー・ゴー・ダンシング / We Go Dancing
9. ホエン・ユー・リーヴ / When You Leave
10. テイク・ミー・フォー・ア・ライド / Take Me For A Ride
11. イッツ・サニー・トゥデイ / It's Sunny Today
12. ア・ラヴ・ストーリー / A Love Story
13. イット・ダズント・ハフ・トゥ・ビー・ザット・ウェイ / It Doesn't Have to Be That Way
14. ジー、ザット・ワズ・ファン / Gee, That Was Fun
15. ディス・イズ・ノット・ザ・ワールド・アイ・サインド・アップ・フォー / This Is Not The World I Signed Up For *
*日本盤ボーナストラック

■リリース情報
「The Girl Is Crying In Her Latte」
配信中
試聴・購入はこちら
「Veronica Lake」
配信中
試聴・購入はこちら

■スパークス プロフィール
カリフォルニア出身、兄・ロンと弟・ラッセルのメイル兄弟からなる、カルト的人気を誇るポップ・デュオ。

1960年代後半、UCLAの学生だった彼らは一緒に音楽を作り始め、Halfnelsonという名前でバンドを結成。1972年にスパークスに改名し、1974年にアルバム『Kimono My House』を発表、その独創的な音楽に世界は衝撃を受けた。ソングライターでキーボード奏者のロンが創り出す複雑なアレンジと、ラッセルのアクロバティックなボーカルの唯一無二の組み合わせは、その後もポップ・ミュージックに多大な影響を与え続けている。

近年発表した2作のアルバム『Hippopotamus』(2017)と『A Steady Drip, Drip, Drip』(2020)はともに全英7位を記録して世界的に高い評価を受け、2021年に公開されたドキュメンタリー映画『The Sparks Brothers』は、それまで到達できなかった部分にもスパークスへの認知をもたらすことになった。

音楽制作を始めて半世紀を超えた今、スパークスはかつてないほど重要な存在になっている。

■リンク
海外公式HP
Twitter
Instagram
Facebook
Youtube

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事