イーグルスの50年以上に及ぶ偉大なるキャリアを俯瞰する決定版『TO THE LIMIT: THE ESSENTIAL COLLECTION』が4/24発売!1972年から2020年までにリリースしたアルバムとライヴ音源から厳選された全51曲を収録

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカン・ロックを象徴するバンドであるEagles(イーグルス)が、大ヒット曲の数々を、スタジオ・アルバムの音源と伝説的ライヴ・アルバムの音源を織り交ぜながらコンパイルした、彼らのキャリアを俯瞰する全51曲を収録する決定版的ベスト・アルバム『TO THE LIMIT: THE ESSENTIAL COLLECTION(トゥ・ザ・リミット:エッセンシャル・コレクション)』をリリースすることを発表。輸入盤は4月12日、国内盤は4月24日にリリースとなります。

TO THE LIMIT: THE ESSENTIAL COLLECTIONTO THE LIMIT: THE ESSENTIAL COLLECTION

この決定版コレクション『トゥ・ザ・リミット:エッセンシャル・コレクション』には、イーグルスが1972年から2020年までにリリースしたスタジオ・アルバムとライヴ音源から厳選された全51曲が収録。No.1ヒット曲となった「New Kid in Town(ニュー・キッド・イン・タウン)」や「One of These Nights(邦題:呪われた夜)」、「The Best of My Love(邦題:我が愛の至上)」や「Hotel California(ホテル・カリフォルニア)」、そして「Heartache Tonight(ハートエイク・トゥナイト)」といった楽曲を含む、歴代のヒット曲から、「Desperado(邦題:ならず者)」や「Victim of Love(邦題:暗黙の日々)」、「In the City(イン・ザ・シティ)」といったファンが愛して止まない名曲まで、音楽史を彩り続ける35曲がスタジオ音源で収録されています。

輝かしい光に満ちたスタジオ・レコーディング作品の他にも、彼らは歴史的なライヴ・アルバムを多く発表してきました。ここには、そのイーグルスの素晴らしいツアーの業績を讃えて、その素晴らしいパフォーマンスの熱量をスタジオ音源とともに封じ込めるべく、トップ40ヒット「セヴン・ブリッジズ・ロード」を含む1980年発表の『イーグルス・ライヴ』、1994年発表の『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』、2000年発表の『ミレニアム・コンサート』、2017年発表の『ライヴ・アット・ザ・フォーラム ’76』、そして2020年発表の『ライヴ・フロム・ザ・フォーラム 2018』といった珠玉のライヴ・アルバム群の中からの選ばれた16曲の感動的なライヴ音源もDisc 3に収録。

なお、イーグルスの公式YouTubeチャンネルでは、1977年3月21日にメリーランド州ラルゴのキャピトル・センターで行われた伝説のコンサートから「Take It To The Limit(テイク・イット・トゥ・ザ・リミット)」のライヴ・パフォーマンス動画と、1994年4月に行われた『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』のショウから「Life In The Fast Lane(邦題:駆け足の人生)」のライヴ・パフォーマンス動画が公開されています。

Eagles – Take It To The Limit (Live 1977) – YouTube

Eagles – Life in the Fast Lane (Live on MTV 1994) – YouTube

イーグルスは、1971年に結成され1972年にアルバム『イーグルス・ファースト』でデビュー、その後6枚のNo. 1アルバムや12曲以上ものTop 40ヒットなど、数々の大ヒット曲を生み出し、累計アルバム・セールスは実に1億5,000万枚を超え、6枚のアルバムと5枚のシングルがそれぞれチャート1位を獲得。6度のグラミー賞を含む数々の音楽賞を受賞、1998年にはロックの殿堂入りも果たし、2016年にはケネディ・センター名誉賞も受賞。38xプラチナム・ディスクを獲得する『グレイテスト・ヒッツ 1971-1975』は史上最も売れたアルバムとして認定されており、アルバム『ホテル・カリフォルニア』は米国史上最も売れたアルバムの第3位にランクイン。「ホテル・カリフォルニア」や「テイク・イット・イージー」、「ならず者」といった彼らの名曲の数々は今なお音楽史に燦然と光り輝き続けています。また、50年以上にわたる驚くべきツアー実績を誇るイーグルスは、世界中で1,000回以上のコンサートを開催し、そのチケットの総売り上げ枚数は実に1,500万枚以上を記録。

現在、彼らはDon Henley(ドン・ヘンリー)、Joe Walsh(ジョー・ウォルシュ)、Timothy B. Schmit(ティモシー・B・シュミット)、Vince Gill(ヴィンス・ギル)、さらに2022年にバンドを脱退するも今回のツアーで復帰したDeacon Frey(ディーコン・フライ)という布陣で「The Long Goodbye」と題されたフェアウェル・ツアーを開催しており、その50年以上にわたる活動を、常にバンドを支え続けてきてくれたファンとともに各地で祝福しながら、時代を超えて愛される楽曲でオーディエンスを魅了しています。

■商品情報

イーグルス『トゥ・ザ・リミット:エッセンシャル・コレクション』

<国内盤>
*2024年4月24日発売
イーグルス 『トゥ・ザ・リミット:エッセンシャル・コレクション』(CD3枚組)
(WPCR-18660~2)定価4,400円
※国内盤特典:特製ステッカー・シート封入
<輸入盤>
*2024年4月12日発売
『To The Limit : The Essential Collection』(CD3枚組)
『To The Limit : The Essential Collection』(180グラム重量盤アナログ仕様・デラックス6枚組LP)
●デジタル配信 *2024年4月12日発売
先行配信トラック「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」配信中
ご予約はこちら
商品の詳細はこちら

■収録曲目
<邦表記>
(Disc 1)
1. テイク・イット・イージー
2. ピースフル・イージー・フィーリング
3. 魔女のささやき
4. 今朝発つ列車
5. ナイチンゲールの歌
6. ならず者
7. ドゥーリン・ドルトン
8. テキーラ・サンライズ
9. アウトロー・マン
10. サタデイ・ナイト
11. 地獄の良き日
12. 我が愛の至上
13. ジェームス・ディーン
14. 過ぎた事
15. 懐かしき’55年
16. オン・ザ・ボーダー
17. ミッドナイト・フライヤー
18. アフター・ザ・スリル・イズ・ゴーン
19. いつわりの瞳
(Disc 2)
1. 呪われた夜
2. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット
3. ホテル・カリフォルニア
4. 駆け足の人生
5. ニュー・キッド・イン・タウン
6. 暗黙の日々
7. ラスト・リゾート
8. 言いだせなくて
9. ハートエイク・トゥナイト
10. イン・ザ・シティ
11. ロング・ラン
12. ゲット・オーヴァー・イット
13. ラヴ・ウィル・キープ・アス・アライヴ
14. ホール・イン・ザ・ワールド
15. ハウ・ロング
16. 享楽の日々
(Disc 3)
1. セヴン・ブリッジズ・ロード(ライヴ)
2. テイク・イット・イージー(ライヴ)
3. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット(ライヴ)
4. ニュー・キッド・イン・タウン(ライヴ)
5. ホテル・カリフォルニア(ライヴ)
6. 過ぎた事(ライヴ)
7. ならず者(ライヴ)
8. ハートエイク・トゥナイト(ライヴ)
9. 言いだせなくて(ライヴ)
10. 駆け足の人生(ライヴ)
11. テキーラ・サンライズ(ライヴ)
12. イン・ザ・シティ(ライヴ)
13. ピースフル・イージー・フィーリング(ライヴ)
14. 我が愛の至上(ライヴ)
15. 呪われた夜(ライヴ)
16. ロング・ラン(ライヴ)

<英表記>
(Disc 1)
1. Take It Easy
2. Peaceful Easy Feeling
3. Witchy Woman
4. Train Leaves Here This Morning
5. Nightingale
6. Desperado
7. Doolin-Dalton
8. Tequila Sunrise
9. Outlaw Man
10. Saturday Night
11. Good Day In Hell
12. The Best Of My Love
13. James Dean
14. Already Gone
15. Ol’ 55
16. On The Border
17. Midnight Flyer
18. After The Thrill Is Gone
19. Lyin’ Eyes
(Disc 2)
1. One Of These Nights
2. Take It To The Limit
3. Hotel California
4. Life In The Fast Lane
5. New Kid In Town
6. Victim Of Love
7. The Last Resort
8. I Can’t Tell You Why
9. Heartache Tonight
10. In The City
11. The Long Run
12. Get Over It
13. Love Will Keep Us Alive
14. Hole In The World
15. How Long
16. Busy Being Fabulous
(Disc 3)
1. Seven Bridges Road – Santa Monica Civic Auditorium (1980)
2. Take It Easy – The Forum (1976)
3. Take It To The Limit – The Forum (1976)
4. New Kid In Town – The Forum (1976)
5. Hotel California – The Forum (1976)
6. Already Gone – The Forum (1976)
7. Desperado – The Forum (1976)
8. Heartache Tonight – Santa Monica Civic Auditorium (1980)
9. I Can’t Tell You Why – Santa Monica Civic Auditorium (1980)
10. Life In The Fast Lane – Santa Monica Civic Auditorium (1980)
11. Tequila Sunrise – MTV (1994)
12. In The City – MTV (1994)
13. Peaceful Easy Feeling – Staples Center (1999)
14. The Best Of My Love – Staples Center (1999)
15. One Of These Nights – The Forum (2018)
16. The Long Run – The Forum (2018)

■リンク
WMJサイト
オフィシャルHP
Youtubeチャンネル
Facebook
Instagram

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事