エディ・ヴェダーがソロ最新アルバム『Earthling』全曲のリリック・ビデオを公開!ブルース・スプリングスティーンとの対談映像の配信が決定

Pearl Jam(パール・ジャム)のEddie Vedder(エディ・ヴェダー)が、11年ぶりのソロ・ニュー・アルバム『Earthling(アースリング)』を2022年2月11日にリリースし、アルバム全曲のリリック・ビデオを公開しました。
『Earthling(アースリング)』YouTubeプレイリスト

Eddie Vedder(エディ・ヴェダー)credit Danny ClinchEddie Vedder(エディ・ヴェダー)credit Danny Clinch

海外メディアでは既に大絶賛のアルバム評が出ています。

“すでに2022年のベスト・ロック・レコード” (Riff)
“素晴らしいアルバム” (Rolling Stone)
“クリエイティヴで活気に満ちている” (Consequence of Sound)
“我々の世界、時間、生活、次元を超えたものだ” (Spin)

アルバム『アースリング』は2011年の『ウクレレ・ソングス』以来11年ぶりとなる新作で、プロデューサーに第63回グラミー賞「最優秀プロデューサー」を受賞したアンドリュー・ワット(オジー・オズボーン、ジャスティン・ビーバー、ポスト・マローンなど)を迎えています。

アルバムはエディ・ヴェダーのあらゆる音楽性や側面を反映した作品となっており、ツアー・バンド“ジ・アースリングス”のメンバーでもあるチャド・スミス(Ds/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ジョシュ・クリングホッファー(Key, G, Vo)、アンドリュー・ワット(G)、そして音楽界のレジェンドであるスティーヴィー・ワンダー、リンゴ・スター、エルトン・ジョンが参加した曲が収録。

ジ・アースリングスとの演奏は、ギター・ドリヴンな躍動するロック・サウンドを展開し、失恋、人と人との繋がり、格差社会、親しい人を失うことなど様々なテーマを歌っています。

エディはNew York Timesのインタビューで「アルバム構成はコンサートのようになっている。終盤にスペシャル・ゲストが登場する。スティーヴィー、次にエルトン、次にリンゴと“ミセス・ミルズ”(*)という曲を共演する。そして最後は僕の父だ。知ることはなかったのだが(**)」とコメント。

*ミセス・ミルズ=アビイ・ロード・スタジオにあるピアノのこと
**最後の曲「オン・マイ・ウェイ」にはミュージシャンだったエディの亡き父親の声が使われている。生前に会ったことはあるがその時は実の父だと知らなかったという。

エディ・ヴェダーは現在アルバム・タイトルを冠した米ツアー中で、2月22日にホームタウンのシアトルで最終日を迎える予定。ジ・アースリングスのメンバーは先述したチャド・スミス、ジョシュ・クリングホッファー、アンドリュー・ワット、そしてクリス・チェイニー(B/ジェーンズ・アディクション)、グレン・ハンサード(G, Vo)。このバンドは昨年9月に開催されたOhana Festival でライヴ・デビューしています。

また、エディ・ヴェダーがBruce Springsteen(ブルース・スプリングスティーン)と『アースリング』について対談した映像『Eddie Vedder in Conversation with Bruce Springsteen』(プロダクションや曲作り、ゲスト参加アーティストについてなど)がAmazon Liveで日本時間2月12日(土)午前2時から配信されます。

さらにこの映像は2月13日(月)からはエディ・ヴェダーのYouTubeチャンネルで公開される予定です。

Eddie Vedder in Conversation with Bruce Springsteen - YouTube

■商品情報

エディ・ヴェダー『アースリング』

エディ・ヴェダー『アースリング』2022年2月11日発売
Eddie Vedder / Earthling
CD: UICY-16052 / 2,750円(税込)
試聴・購入

■収録曲
1. Invincible / インヴィンシブル
2. Power of Right / パワー・オブ・ライト
3. Long Way / ロング・ウェイ
4. Brother the Cloud / ブラザー・ザ・クラウド
5. Fallout Today / フォールアウト・トゥデイ
6. The Dark / ザ・ダーク
7. The Haves / ザ・ハヴズ
8. Good and Evil / グッド・アンド・イーヴル
9. Rose of Jericho / ローズ・オブ・ジェリコ
10. Try / トライ
11. Picture / ピクチャー
12. Mrs. Mills / ミセス・ミルズ
13. On My Way / オン・マイ・ウェイ

■リンク
エディ・ヴェダーYouTubeチャンネル

■リンク(パール・ジャム)
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。