ニュージーランドのアーティスト、リッキー・リードが約1年振りに新曲「Home With Me」リリック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ニュージーランドの新進気鋭アーティスト、Riiki Reid(リッキー・リード)が約1年ぶりとなる新曲「Home With Me」をリリースし、リリック・ビデオを公開しました。

RIIKI REID – Home With Me – YouTube

2022年に『NEWER OXYGEN』と『CRASH & COLLIDE』の2枚のEPをリリースし、同年にリリースしたシングル「The City」がニュージーランドのNZラジオでトップ20にランクインするなど大きな存在感を示した彼女が、1年の時を経てリリースした今作は、新しい音楽的アプローチにチャレンジしたRiikiの人柄がわかる失恋ソングとなっており、彼女の多才なアーティスト性と才能が感じられる作品となっています。

本楽曲についてリッキー・リードは、「この曲は愛する人を想い、『もしこの人と二度と会えなくなってしまったら、私が心から大切に想っていることを本当に理解してくれるだろうか?』と考えたことから生まれました。そして、『Home』とは、素敵な家のことを指しているのではなく、自分の大切な人々が存在している場所だと考えています。この曲の意味を思い返すと、周りの人々への愛を想起させるハッピーな曲だと思っています。また、その幸せな瞬間を楽しむことを思い出させてくれ、そして愛する人の腕の中で再び『Home』に帰ることができるという希望を与えてくれる曲となっています。」と語っています。

EP『NEWER OXYGEN』と『CRASH & COLLIDE』では異なる一面を描いてきた彼女ですが、新曲「Home With Me」では新たな音楽スタイルを表現し、リッキー・リードの幅広い可能性を実感することが出来る作品となっています。

Photo by Ricky AlvarezPhoto by Ricky Alvarez

■商品情報

Riiki Reid「Home With Me」

アーティスト:Riiki Reid / リッキー・リード
タイトル:Home With Me / ホーム・ウィズ・ミー
リリース:2023年8月18日(金)
楽曲リンク

■プロフィール
ニュージーランド出身のシンガーソングライター、プロデューサー、コリオグラファー。音楽とダンスの両方に関する幅広い知識を持ち、キャッチーでエキサイティングな音楽を創り出しているアーティストである。2019年にリリースした「High Heights」は330万回以上再生され、瞬く間に知名度を上げていった。2022年にはニュージーランドのアーティスト、Lordeのニュージーランドツアー「Solar Power Tour」に参加し、Budjerahのオーストラリアツアーや、Ashe、Benson Booneといった様々なアーティストのオープニングアクトも務めた。また、L.A.B、JessB、Katchafire、The Black Seeds、Dave Dobbynなどの有名アーティストのソールドアウトショーにおいても圧倒的なパフォーマンスを披露した。シンガーソングライター、プロデューサー、コリオグラファーと幅広く活躍する彼女は今後注目すべきアーティストだろう。

■リンク
オフィシャルサイト
Instagram
TikTok
Facebook
YouTube
Warner Music Japan

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事