米HIPHOP/R&B界のレジェンド、ディディ(ショーン・“ディディ”・コムズ)がモータウンと電撃契約!新レーベル=LOVE RECORDSを設立し、新作アルバム今夏発売へ

米音楽界の大物アーティスト&プロデューサー、LOVEことSean “Diddy” Combs(ショーン・“ディディ”・コムズ)が、自身の新しいR&Bレーベル=LOVE RECORDSの設立と、同時にモータウン・レコーズと独占アルバム契約を締結しLOVE RECORDSから新作アルバムをリリースすることを発表しました。ディディの新作アルバムはLOVE RECORDSとモータウン・レコーズのパートナーシップによる初の作品となります。

Photo Diddy & EthiopiaPhoto Diddy & Ethiopia

新レーベルLOVE RECORDSはR&Bに特化し、世界的なアーティスト、プロデューサー、ソングライターの中から、シングルやコラボレーションプロジェクトをリリースする予定。今回の発表はディディが本格的に音楽活動へ復帰することを意味しています。

ディディの新作アルバムはLOVE RECORDSでの最初のプロジェクトとなり、モータウン・レコーズを通じて今年の夏にリリースされる予定。今までにグラミー賞を3度受賞している音楽界の重鎮ディディが、30年のキャリアの中で初めてモータウンと手を組んだ形となります。

「自分にとって音楽は常に初恋だ。LOVE RECORDSは初心に帰り、最高の音楽を作るための人生の次の章なんだ。このレーベルでは、次世代のアーティストやプロデューサーと一緒に、時代を超えたR&B音楽を創ることに力を入れる。モータウンは自分のアルバムにとって完璧なパートナーであり、その遺産をさらに増やすことに興奮している。」とディディは述べています。

また、モータウン・レコーズC.E.O.兼会長のエチオピア・ハブテマリアムは、今回のパートナーシップ締結に際し、「ディディは、この時代の音楽そして文化において最も重要な存在の1人であり、彼の次なる進化の一部を担えることはモータウンにとってはとても大きな出来事です。彼の新作アルバムはまさにその記念碑的な作品となるでしょう。」とコメント。

ディディは史上最も売れたアーティストの一人であるだけでなく、史上最も優れた音楽プロデューサーの一人。彼は文化の象徴であり、革新者であり、重要人物と言えます。自身で放った数多くのヒット曲に加え、数多くのスーパースターたち=メアリー・J・ブライジ、ブルナ・ボーイ、ザ・ノトーリアスB.I.G.、マライア・キャリー、ジェニファー・ロペス、ボーイズIIメン、ブリトニー・スピアーズ、カニエ・ウェストなどのサウンドを制作してきました。LOVE RECORDSは、エグゼクティブ・プロデューサー、キュレーター、A&Rとして、ディディのR&Bシーンへの凱旋を意味します。また、ディディは引き続き自身のレーベルBad Boy Entertainmentでも監督を続ける予定。

現地時間5月15日(日)に開催されるビルボード・ミュージック・アワード2022では、ディディが司会とエグゼクティブ・プロデューサーを務める事が発表されています。

またディディのマネージメントは、ザ・ウィークエンドらも所属するワシム“サル”スライビー率いるSAL&COが行うこととなる予定。

LOVE RECORDS LogoLOVE RECORDS Logo

■リンク
ユニバーサルミュージック(ディディ・アーティストページ(日本語))
Motowon Records(英語)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。