ソフィア・カーソンが全ての女性に捧げ、沈黙を破り大きな声で変化を呼びかける新曲「LOUD」のミュージック・ビデオを公開

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)が約半年ぶりとなる新曲「LOUD」を1月13日(金)にリリースし、ミュージック・ビデオも同時に公開されました。

Sofia Carson - LOUD - YouTube

ディズニー・チャンネルの大ヒットシリーズ『ディセンダント』のイヴィ役で世界中のティーンの憧れとして人気を集めた後、現在はNetflix映画の主演を務めたり、自身の楽曲に作詞で参加したりと、今やすっかりと大人の本格派女優/アーティストとして大活躍するソフィア・カーソン。

本楽曲は、昨年リリースしたシングル2曲のラブ・ソングとは打って変わって、“ほら、いたたまれない気持ちになってきた? こうして私が声を上げるようになって、あなたには耳が痛い? 私をなだめようとするのはやめて 声を上げるために 生まれてきたのだから!”とソフィアが深みのある力強いヴォーカルで歌うウーメン・エンパワーメント・アンセム。

自身が親善大使を務めるユニセフを通じて女性の教育支援活動をしたり、メーガン妃の女性支援プロジェクトをサポートしたりと、熱心にウーメン・エンパワーメント活動に取り組んでいるソフィアだからこそ、メッセージ性がストレートに伝わる内容になっています。

ソフィアはニューヨークのユニセフのイベントに出席した際に、本楽曲について“「LOUD」は、今までにない大きな声で、変化を呼びかけた若い女性たちや世界中の女性たちに向けられたもので、この曲は彼女たちからインスピレーションを受け、彼女たちのために作られた楽曲です。”とコメントしています。

また、ミュージック・ビデオも同日に公開された。本ビデオは、前シングル「He Loves Me, But...」のビデオも担当したウリ・シュッツァー監督と振付師アビハイ・ハーハムが手掛け、蝶が繭から外の世界へ羽ばたき出る様子をコンセプトに制作されました。これまで沈黙していた声が翼を広げ、羽ばたき、そして、自由になるというストーリーを表現しています。鮮やかなブルーの衣装が印象的で、雲より上にある場所で撮影されたアクロバティックなダンス姿にも注目です。また、楽曲のテーマはもちろん、ソフィアがディズニー・スターから大人の本格派ポップ・シンガーへと成長している姿を表しているのではないかとも連想させる内容となっています。

大人の女性ポップ・シンガーとして成長を果たしたソフィア・カーソンの音楽活動に今後も期待が高まります。

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)Sofia Carson(ソフィア・カーソン)

■商品情報

ソフィア・カーソン 「LOUD」

ソフィア・カーソン 新曲「LOUD」
配信中
ミュージック・ビデオはこちら
アーティスト公式サイト

■バイオグラフィー
ソフィア・カーソンは、エンターテインメントの世界で優雅に、そしてスタイリッシュに、あらゆることを成し遂げていく力を持ち合わせ、音楽、映画、テレビ、慈善活動の分野で独自の道を切り開いてきた。シンガー・ソングライターとして数々の賞にノミネートされ、10億回近いストリーミングと20億回以上の視聴回数を記録し、ビルボード・トップ200で1位を獲得。これまでに2枚のゴールド・セールスのアルバムと4枚のゴールド。セールスのシングルを含むダイナミックな楽曲をリリース。女優としては、Netflix映画の『フィール・ザ・ビート』、マイケル・ベイ監督の『ソングバード』、ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ:ザ・パーフェクショニスト』、ディズニーの大ヒット・シリーズ『ディセンダント』などに出演。また、Netflix映画の『Purple Hearts』(原題)に出演し、製作総指揮を担当することに加えて、この映画のオリジナル・サウンドトラックの共同作詞と歌唱を担当する予定です。慈善活動家としては、ユニセフの米国大使、Latin GRAMMY®️Cultural Foundationの初のグローバル・アンバサダー、The Music Forward Foundationの初のアンバサダー・カウンシルのメンバーとして活躍。ファッション・アイコンとして、ソフィアはビューティー・リーダーである化粧品ブランドREVLONのグローバルブランドアンバサダーを務め、自身のメイクアップ・コレクションも発表。また、プリヤンカー・チョープラー・ジョナスによるTeen Vogueのカバーストーリーでは、"ソフィア・カーソンはプロの気品を備えている "と彼女を表している。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。