伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』の海外公開に合わせボブ・マーリーをカバーした新EPが配信決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

2024年2月14日に海外で公開されるBob Marley(ボブ・マーリー)の人生を描いた新作映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』の公開に合わせて、ボブ・マーリーの楽曲を新規でカバーした7曲入りのEP『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』が2月14日に配信されることが決定。そこからのリードシングルとしてKacey Musgraves(ケイシー・マスグレイヴス)が歌う「Three Little Birds」が1月26日に配信となりました。

YouTubeKacey Musgraves - Three Little Birds (From Bob Marley: One Love) - YouTube

Kacey MusgravesKacey Musgraves

ケイシー・マスグレイヴス以外では、昨年12月に東京国際フォーラム ホールAで単独コンサートを行ったことも記憶に新しいDaniel Caeser(ダニエル・シーザー)、ナイジェリアを代表するシンガーソングライターのWizkid(ウィズキッド)、トロント出身でEminem(エミネム)とのコラボでも知られるJessie Reyez(ジェシー・レイエズ)、来日公演の経験もあるテキサス州出身ソウル・シンガーのLeon Bridges(リオン・ブリッジズ)、UKのデフ・ジャムである「0207 Def Jam」と契約したナイジェリアのBloody Civilian(ブラッディ・シビリアン)、そしてボブ・マーリーの孫であるSkip Marley(スキップ・マーリー)の全7名が参加しています。

このEP『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』は、マーリー家が選曲と許諾を出したもので、全7曲のうち5曲は、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズが1977年に発売したスタジオ・アルバム『Exodus』の収録曲となっています(「Natural Mystic」「Exodus」「Waiting in Vain」「Three Little Birds」「One Love」)。

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』を監督するのは第94回アカデミー賞で作品賞をはじめ6部門でノミネートされ、主演のウィル・スミスが主演男優賞を受賞した『ドリームプラン』を手掛けたレイナルド・マーカス・グリーン。脚本にはレイナルドに加え、テレンス・ウィンター(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』)、ザック・ベイリン(『グランツーリスモ』)らが参加。

主人公のボブ・マーリー役には、『あの夜、マイアミで』にてマルコムXを演じ、高い評価を得たキングズリー・ベン=アディル。ボブ・マーリーの妻、リタ・マーリー役には『キャプテン・マーベル』や『007/ ノー・タイム・トゥ・ダイ』などハリウッド大作映画への出演が続く注目の俳優ラシャーナ・リンチ。そういった実力派キャストのほかに、リタ・マーリー本人、そしてボブとリタの子どもセデラ・マーリーとジギー・マーリーなど、ボブ本人を誰よりも愛し、近くで見守ってきた家族たちが監修に参画しているのも物語に深みを加えています。

本映画は日本でも2024年に劇場公開が決定。公開日については近日中に発表される予定。

YouTube映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』海外版本予告 - YouTube

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』『ボブ・マーリー:ONE LOVE』

■商品情報

Various Artists『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』

Various Artists『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』
2024年2月14日配信
「Three Little Birds」1月26日先行配信
ダウンロード/ストリーミング

■『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』トラックリスト
1. Bloody Civilian / Natural Mystic
2. Skip Marley / Exodus
3. Daniel Caesar / Waiting in Vain
4. Kacey Musgraves / Three Little Birds
5. Wizkid / One Love
6. Jessie Reyez / Is This Love
7. Leon Bridges / Redemption Song

■映画情報
映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
2024年日本公開
<イントロダクション>
“何も心配ないさ。すべてはうまくいく” 「ロックの殿堂」入りも果たした伝説のミュージシャン、ボブ・マーリー。ジャマイカ初の世界的トップスターの苦悩と葛藤を、夢と希望、愛と歓びに満ちた名曲の数々と共に描く真実の物語。
<キャスト>
キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)
ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』)
<監督>
レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
公式HP
公式X
全米公開:2024年2月14日
日本公開:2024年
© 2024 PARAMOUNT PICTURES

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事