レニー・ラップが『ジェニファー・ハドソン・ショー』に出演し披露した「Tummy Hurts」のパフォーマンス・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ノースカロライナ州出身の女優でシンガー、Reneé Rapp(レニー・ラップ)が、Jennifer Hudson(ジェニファー・ハドソン)がホストを務めるアメリカの人気トーク番組『ジェニファー・ハドソン・ショー』に出演し披露した「Tummy Hurts」のパフォーマンス・ビデオが公開されました。

Reneé Rapp Performs ‘Tummy Hurts’ | The Jennifer Hudson Show – YouTube

番組では2人がDestiny’s Child(デスティニーズ・チャイルド)の2001年の大ヒットアルバム『Survivor』に収録されている「Dangerously in Love」をピアノの弾き語りで即興パフォーマンスを披露。ジェニファー・ハドソンの歌唱力は言うまでもありませんが、曲の終わりに向けてレニー・ラップがボーカルスキルを披露すると聴衆は歓声を上げました。女優でもありガールズグループ、Daddy’s Little Girlsのメンバーとしての活動経験もあるレニー・ラップの歌唱力の高さを改めて証明する形となりました。

Reneé Rapp & Jennifer Hudson Sing Destiny’s Child’s ‘Dangerously in Love’ – YouTube

レニー・ラップは8月にデビュー・スタジオ・アルバム『Snow Angel』をリリース。アルバムの大部分は、2023年初頭の6か月間かけて書かれ、レコーディング、ミックスされましたが、レニー・ラップにとってそれは「20年」のように感じられたと述べており、完成までにかなりの苦難を乗り越えた様子を見せています。彼女の音楽デビューは、音楽が彼女が「これまでやりたかったこと」すべてであると指摘したように、女優から歌手に転向した彼女にとって大きな変化を示しています。

■『Snow Angel』トラックリスト
1. Talk Too Much
2. I Hate Boston
3. Poison Poison
4. Gemini Moon
5. Snow Angel
6. So What Now
7. The Wedding Song
8. Pretty Girls
9. Tummy Hurts
10. I Wish
11. Willow
12. 23

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事