ヴァン・モリソンの43作目となる新作『What’s It Gonna Take?』が5月13日に発売決定!新曲「Pretending」のヴィジュアライザー・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Van Morrison(ヴァン・モリソン)が43枚目のスタジオ・アルバムの詳細を発表しました。『What’s It Gonna Take?』は、5月13日にExile Productions/Virginからリリースされ、日本でもSHM-CDとして国内盤が同時リリースされます。またアルバム情報の発表と合わせて、アルバムからのリード・トラック「Pretending」のヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Van Morrison – Pretending – YouTube

『What’s It Gonna Take?』は、ヴァン・モリソンが2021年にリリースした28曲入りダブル・アルバム『Latest Record Project, Volume.1』に続く作品であり、世界最高のアーティストの1人であるヴァン・モリソンが、現在行っている豊かな創造性をさらに証明するもの。ヴァン・モリソンによる15曲の新曲を収録しており、レコーディングや観客の前でのライブ・パフォーマンスに対する不屈の意欲を反映したものと言えます。

このアルバムは、ヴァン・モリソンのプロデュースにより、リアル・ワールド・スタジオ(ウィルシャー/英国)、バース・スパ・ホテル(バース/英国)、リチャード・ダンのスタジオ、カロデン・ホテル(ベルファスト/英国・北アイルランド)、ホーリーウッド・スタジオ(ベルファスト/英国・北アイルランド)、ミュージックボックス・スタジオ(カーディフ/ウェールズ)で録音されています。日本盤もSHM-CDにて同時発売。

Van Morrison photo by Bradley QuinnVan Morrison photo by Bradley Quinn

■リリース情報

ヴァン・モリソン『What's It Gonna Take?』

アーティスト:ヴァン・モリソン
タイトル:『What’s It Gonna Take?』
2022年5月13日リリース
品番:UICB-1013
価格:2,860円 (税込)
※SHM-CD仕様 /ライナー付
※アーティストの意向により英詩/歌詞対訳はついておりません。
※併せて輸入盤CD/黒盤2枚組 12インチゲイトフォールドLP/カラー盤2枚組12インチゲイトフォールドLP/カセット/ダウンロード及びストリーミングでもリリース予定

■『What’s It Gonna Take?』トラックリスト
1. Dangerous
2. What’s It Gonna Take?
3. Fighting Back Is The New Normal
4. Fodder For The Masses
5. Can’t Go On This Way
6. Sometimes It’s Just Blah Blah Blah
7. Money From America
8. Not Seeking Approval
9. Damage And Recovery
10. Nervous Breakdown
11. Absolutely Positively The Most
12. I Ain’t No Celebrity
13. Stage Name
14. Fear And Self-Loathing In Las Vegas
15. Pretending

■バイオグラフィー
ヴァン・モリソンは、音楽界の真のオリジナルであり、過去70年にわたる遺産を持つ、ユニークでインスピレーションに溢れた人物だ。1945年にベルファストで生まれ、ブルース、カントリー、ゴスペルに影響を受け、1964年にR&BバンドThemを結成して大成功した後、ソロ・アーティストとして更なる領域へと歩みを進めた。この時代の最も多作なレコーディング・アーティストであり、最も勤勉なライブ・パフォーマーでもあるヴァン・モリソンは、ストリート・ポエトリー、ジャズ、スウィング、スキッフル、ケルト・ルーツなど、彼が影響を受けた無数の楽曲をこともなげに消化し、20世紀で最も愛された楽曲を含む比類のないカタログを作り上げ、また、ステージでもスタジオでも、若いアーティストが恥ずかしくなるような仕事ぶりを維持している。『What’s It Gonna Take? 』はヴァン・モリソンにとって43枚目のスタジオ・アルバムである。

■リンク
アーティスト日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事