ヤングブラッドが初のセルフ・タイトルの最新作『YUNGBLUD』全英1位を記念して本人による全曲解説動画をYouTubeにて公開

SUMMER SONIC 2022で初来日を果たしたイギリスの次世代ロック・スター、YUNGBLUD(ヤングブラッド)。9月2日に発売した初のセルフ・タイトルの最新作『YUNGBLUD(ヤングブラッド)』は全英アルバム・チャート1位を獲得したことを記念して、ヤングブラッド本人によるアルバム全曲の楽曲解説動画がYouTubeにて公開されました。全12曲に加えて、日本盤ボーナス・トラック4曲について熱く解説しています。

ヤングブラッド(YUNGBLUD)アルバム『YUNGBLUD』本人全曲紹介映像 - YouTube

またLINE MUSICでは、ヤングブラッド本人のサイン入りチェキなどがあたるキャンペーンが10月1日(土)まで開催されています。
キャンペーン詳細はこちら

YUNGBLUD Photo Credit Tom PallantYUNGBLUD Photo Credit Tom Pallant

■商品情報

ヤングブラッド『ヤングブラッド』

最新アルバム『ヤングブラッド』
試聴・購入はこちら

■『ヤングブラッド』トラックリスト
1. The Funeral ザ・フューネラル
2. Tissues ティッシューズ
3. Memories with WILLOW メモリーズ with ウィロー
4. CRUEL KIDS クルーエル・キッズ
5. Mad マッド
6. I Cry 2 アイ・クライ・2
7. Sweet Heroine スウィート・ヒロイン
8. Sex Not Violence セックス・ノット・ヴァイオレンス
9. Don't Go ドント・ゴー
10. Don't Feel Like Feeling Sad Today ドント・フィール・ライク・フィーリング・サッド・トゥデイ
11. Die For A Night ダイ・フォー・ア・ナイト
12. The Boy In The Black Dress ザ・ボーイ・イン・ザ・ブラック・ドレス
13. The Funeral – Acoustic ザ・フューネラル -アコースティック
14. The Funeral – Live From The Shrine ザ・フューネラル -ライヴ・フロム・ザ・シュライン
15. fleabag フリーバッグ
16. fleabag – Acoustic フリーバッグ -アコースティック
*track 13,14,15,16 日本盤ボーナストラック

■アーティスト情報
HP
Instagram
Twitter
Facebook
TikTok

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。