ヤングブラッドがデビュー・アルバム発売5周年を記念し2月にロンドンのOVOアリーナ・ウェンブリーで行われたライヴから3曲のライヴ・ビデオを公開

YUNGBLUD(ヤングブラッド)が2018年にリリースしたデビュー・スタジオ・アルバム『21st Century Liability』の発売5周年を記念し、今年2月にロンドンのOVOアリーナ・ウェンブリーで行われたライヴから「Medication」、「California」、「Anarchist」のライヴ・ビデオを公開しました。

YUNGBLUD – Medication (Live From Wembley) – YouTube

YUNGBLUD – California (Live From Wembley) – YouTube

YUNGBLUD – Anarchist (Live From Wembley) – YouTube

ヤングブラッドは発売5周年を受けて自身のインスタグラムを投稿。「『21st Century Liability』は今日で5周年を迎えます。ハッピーバースデー。これは正直言って私にとっては非常識です。私たちが一緒に作り上げたものは本当に信じられないほど素晴らしいもので、保護のコミュニティであり、居場所です。ここからが始まりました。毎日、すべてに感謝します。私のお気に入りの思い出をいくつかご紹介します…」として10個の思い出をあかしました。主に2018年の出来事で、ミュージック・ビデオでの初めてのメイク、ヒューストンで足を骨折したこと、ブラックハートのタトゥーを入れたことなどをその時の写真と共にに触れています。

2018年7月6日にリリースされた『21st Century Liability』は全12曲が収録され、英国レコード協会(BPI)ではシルバー認定を受けるヒットとなりました。

現在はワールドツアーの北米でのスケジュールをこなしており、8月6日のシアトルでの公演まで予定されています。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。