Moneybagg Yoが最新アルバムから「Wockesha」のミュージック・ビデオを公開

Moneybagg Yo(マネーバッグ・ヨー)が最新アルバム「A Gangsta's Pain(ア・ギャングスタズ・ペイン)」から「Wockesha(ウォッケシャ)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Moneybagg Yo - Wockesha - YouTube

「Wockesha」は既にシングルとしてリリースされており、ビルボードホット100では33位、ニュージーランドでは15位をマーク。デトロイト出身の音楽グループ、DeBarge(デバージ)が1983年にリリースした「Stay with Me」をサンプリングした曲で、Lil Wayne(リル・ウェイン)によるスピーチもサンプリングしています。

ミュージック・ビデオはBen Marc(ベン・マーク)と共に自身で監督を務めており、「Wockesha」と書かれたコップが時折女性に変身し、Moneybagg Yoが麻薬との関係を説明するために使用する比喩表現として使用されています。

「Wockesha」とは、「リーン」または「パープルドリンク」を指しているようで、処方グレードの咳止めシロップとソフトドリンクおよびハードキャンディーを組み合わせて調製されたレクリエーショナルドラッグ飲料のことを表現しています。

ビデオにはLil Wayne(リル・ウェイン)もカメオ出演しており、コメントを再現するために介入しています。