Doja Cat の関連記事一覧

Doja Cat(ドージャ・キャット)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Doja Cat(ドージャ・キャット)のプロフィール

Doja Cat

Doja Cat(ドージャ・キャット)は、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパー、シンガー、ソングライター。本名はAmalaratna Zandile Dlamini(アマララトナ・ザンディレ・ドラミニ)。

カリフォルニア州ロサンゼルス市のサンフェルナンドバレー地域にある地区ターザーナで生まれました。父親は1992年の映画「サラフィナ!」にも出演した南アフリカの俳優、作曲家、映画プロデューサーのDumisani Dlamini(ドゥミサニ・ドラミニ)です。しかし生まれてすぐ母親とニューヨークのライへ引っ越してしまったため、幼少期に父とは会わず、「彼に会ったことはないが彼に対して恨みを抱くことはなかった」と主張しているようですが、一方で父親は良好な関係だと述べています。

5年後にはカリフォルニア州オークパークに戻り、そこで「スポーティな子供時代」を経験し、スケートをしたりサーフキャンプのためにマリブを訪れたりしていたそうです。この時期バレエ、タップ、ジャズのレッスンに参加し始めます。11歳の時にロサンゼルスのシャーマンオークスに戻り、そこでアシュラムに住み、ブレイクダンスクラスにも参加し、さらに競争力のある劇団に加わるなど活発に過ごしていました。

16歳で高校を中退し、YouTubeからビートをダウンロードしてGarageBandを独学し、自分の音楽を作成するようになります。最初の数か月間は、SoundCloudに曲をアップロードしてはすぐに削除するような日々を過ごし、この頃Doja Cat(ドージャ・キャット)と言うステージネームを考え使用するようになります。

2014年、17歳のときKemosabe Recordsとの合弁契約でRCA Recordsに署名。同年、Doja CatはデビューEP「Purrr!」をリリース。「So High(ソー・ハイ)」はEPのリリース前にシングルとして再リリースされました。この曲は、TVドラマ「Empire 成功の代償」第1シーズンの第3エピソードでも取り上げられ、注目を集め始めたため、SoundCloudで音楽をリリースし続けました。

2015年半ばに、OG MacoはDoja Catが彼のレーベル、OGGに署名したことをTwitter経由で発表。2016年後半にラッパーOG Macoのミックステープ「Children of the Rage(チルドレン・オブ・ザ・レイジ)」からのシングル「Monster(モンスター)」でコラボ。2018年ミュージックビデオと共にリードシングル「Go to Town(ゴー・トゥー・タウン)」をリリース。続いてリリースしたシングル「Candy(キャンディ)」が2019年後半にビデオ共有プラットフォームTikTokでのダンスチャレンジが口コミで広がり、トラックはスリーパーヒットを記録。2018年にデビュー・スタジオ・アルバム「Amala(アマラ)」をリリース。その後完全自主制作のミュージックビデオ「Mooo!」をアップロードすると大きな反響があり、シングルとしてリリース。2019年にはラッパーTyga()とのシングル「Juicy(ジューシー)」で初めてプラチナ認定を受けるヒットを記録します。同年2枚目のスタジオ・アルバム「Hot Pink(ホット・ピンク)」をリリース。

2020年には映画「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒」のサウンドトラック・アルバムへ新曲「Boss Bitch(ボス・ビッチ)」を提供し大ヒット。同年アルバム収録曲「Say So(セイ・ソー)」がビデオ共有プラットフォームTikTokを通じて非常に人気を博し、4枚目のシングルとしてリリース。The Tonight Show Starring Jimmy Fallonに出演し、ミュージック・ビデオを公開すると世界中で大ヒット。特にアメリカではNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)を迎えたリミックス版をリリースするとストリーミングでの人気が急上昇し、全米ビルボードホット100では初のトップ10入りからそのまま初の1位を獲得する快挙を成し遂げました。

Doja Cat の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧