クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズが新曲「A day in the water」をVevoスタジオパフォーマンス映像と共にリリース!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

現代のフランス音楽シーンを代表するChristine and the Queens(クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ)が6月9日(金)にリリースするニュー・アルバム『PARANOÏA, ANGELS, TRUE LOVE』からニュー・シングル「A day in the water」をVevoスタジオパフォーマンス映像公開と共にリリースしました。

Christine and the Queens – A day in the water (Live) – YouTube

「A day in the water」についてクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズは、「この曲は、世界が自分に触れられない状況は、まるで水中の奥深くに沈んでいるかの様である、ということを表現しています。それは不安のガラスに隠れている様なもの。しかし、その”もろさ”の深くへも、光が届くのです。“正直さの光”が。」とコメント。

『PARANOÏA, ANGELS, TRUE LOVE』ではクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズが作詞作曲、そしてプロデュースを手掛けている中、共同プロデューサーとして、過去にBeyoncé(ビヨンセ)Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)等の作品を手掛けたMike Dean(マイク・ディーン)も参加。Madonna(マドンナ)も参加していることで話題となっています。

今年はコーチェラフェスティバルで2週末に渡って電撃が走るような圧巻のパフォーマンスを披露したクリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ。その他、ロサンゼルスのThe Fonda Theaterでの単独公演は完売した中、10月17日からスタートする北アメリカの東海岸の6都市でのツアーも発表したばかり。ヨーロッパではスペインはバルセロナのPrimavera、デンマークのRoskilde、そして南アメリカではブラジルのC6 Festなどのフェスのヘッドラインが決まっています。

(c) Paul Kooiker(c) Paul Kooiker

■商品情報

クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ『PARANOÏA, ANGELS, TRUE LOVE』

ニュー・アルバム『PARANOÏA, ANGELS, TRUE LOVE』
2023年6月9日発売
試聴/購入リンク

■『PARANOÏA, ANGELS, TRUE LOVE 』収録予定楽曲
01. Overture
02. Tears can be so soft
03. Marvin descending
04. A day in the water
05. Full Of Life
06. Angels crying in my bed (feat. Madonna)
07. Track 10
08. Overture (feat. Mike Dean)
09. He’s been shining for ever, your son
10. Flowery days
11. I met an angel (feat. Madonna)
12. True love (feat. 070 Shake)
13. Let me touch you once (feat. 070 Shake)
14. Aimer, puis vivre
15. Shine
16. We have to be friends
17. Lick the light out (feat. Madonna)
18. To be honest
19. I feel like an angel
20. Big eye

■バイオグラフィー
現代のフランス音楽シーンを代表するシンガー・ソングライター。2018年にリリースされた2nd アルバム『Chris』は全英3位を獲得する他、アルバム収録曲の「Girlfriend」は、Time Magazineが「#1 Song of The Year」と絶賛する程、世界中からその才能は称賛されている。BRIT Award 2019ではInternational Female Solo Artistにノミネートされ、Charli XCXとのコラボ「Gone」で情熱的なミュージック・ビデオが話題に。2020年4月にはレディー・ガガが発起人となったONE WORLD: TOGETHER AT HOMEにも出演している。

■リンク
アーティスト日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事