Adele新作タイトルは「30」?世界中に「30」と書かれた看板が出現

Adele新作タイトルは「30」?「30」と書かれた看板が世界中に出現

Adele(アデル)が大ヒットアルバム「25」以来となる新作を11月にリリースするのではないかという憶測が広まっています。

アデルのツイッターファンアカウント「Adele Daily」では、あらゆる場所に「30」という数字が登場してるのを発見しツイートしています。

1枚目はマンハッタンにあるエンパイア・ステート・ビル。2枚目はトロントのCNタワー、3枚目はロサンゼルスのザ・ブロード、4枚目はマンハッタンのフラットアイアンビルディング、5枚目はブルックリン橋、そして最後はロジャースセンター。このアカウントでは「#Adele30」というタグをつけてツイートしており、アルバムが遂にリリースされるのではないかと予想しています。この「30」という数字は他にも多くの場所で見られており、多くのファンがSNSにその写真を投稿しています。

アデルは過去3枚のアルバムに年齢を重ねてタイトルを付けました。最後のアルバムは2015年の25枚です。アデルは現在33歳ですが、夫のSimon Konecki(サイモンコネッキ)と別れたのが30歳のとき。また以前にインスタグラムでファンに、「30はあなたを刺激するドラムンベースのレコードになるでしょう」と語っていたため、ファンはこの年齢がタイトルになると予想する最大の理由になっています。

そして11月にリリースされるとの予想に拍車をかけたのがTaylor Swift(テイラー・スウィフト)。

11月19日にリリースされる予定だった「Red (Taylor's Version)(レッド:テイラーズ・ヴァージョン)」がリリースを前倒しされ、11月12日に変更されました。そのためファンは彼女が新しいアデルの音楽と競争したくなかったためだと推測しているようです。

海外ではラジオのホストが先週、「New Adele. This Week.」と発信しすぐに削除したことも話題に上がっており、既にリードシングルとなる楽曲の情報があるのかもしれません。

どちらにせよ、11月のリリースが実現すれば前作から6年ぶりとなります。アデルは2010年以降でCDアルバムを1000万枚以上売り上げた唯一のアーティストであり、再び大きな話題になることは間違いありません。