Adele の関連記事一覧

Adele(アデル)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧。
洋楽まっぷでは、数多くある洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめた洋楽歌詞和訳カタカナまとめ記事や、おすすめ人気曲のご紹介、新譜情報などの最新ニュース記事などを公開しています。

Adele(アデル)のプロフィール

Adele

Adele(アデル)は、イングランド出身のシンガーソングライター。

16歳から作曲とギター演奏を開始するようになり、2006年にBRIT芸能芸術学校を卒業。同級生にはLeona Lewis(レオナ・ルイス)Jessie J(ジェシー・J)がいます。

卒業から4か月後、彼女はオンラインアート出版PlatformsMagazine.comの第4号に2曲を発表。その後クラスのプロジェクトのための3曲のデモを録音し、それを友人に渡すと、その友人がMyspaceにデモを投稿し大きな反響を呼び、XL RecordingsのトップでもあるRichard Russell(リチャード・ラッセル)から連絡がきて最終的には契約を結びます。

2007年には、Brit Awardsの「Critics 'Choice」賞を受賞し、2008年、BBCの人気投票企画「サウンド・オブ・2008」にてトップに躍り出たことで勃興し、同年のデビューアルバム「19」が全英チャート初登場1位を獲得します。

当時アメリカでは知名度も低くBillboard 200でも初登場149位だったものの、その年に放送されたサタデー・ナイト・ライヴへの出演で注目を集め、最終的に全米だけでも290万枚ものせーるすを記録しました。2009年の米国グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀女性ポップボーカルパフォーマンス賞の2部門を受賞。

2011年にリリースした「21」が19ヶ国で1位を獲得し、Billboard 200では発売以来39週連続でトップ5位以内を記録、これはMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)が持っていた38週連続トップ5の記録を抜いて歴代1位。第54回グラミー賞に主要3部門を含む6部門でノミネートされ、ノミネートされたすべての賞を獲得する快挙を成し遂げます。さらに翌2012年の全世界アルバム・セールス年間チャートでも920万枚のセールスでチャートの1位を獲得し、2年連続全世界売り上げ1位を達成しました。全世界で3100万枚以上のセールスを記録し、21世紀に最も売れたアルバムに認定されています。

2012年には映画「007 スカイフォール」の主題歌に抜擢され、シングル「Skyfall(スカイフォール)」をリリースし大ヒット。第54回グラミー賞では最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門を受賞します。

2015年、アルバムからの先行シングル「Hello(ハロー)」のミュージック・ビデオが公開され、YouTubeでの公開後24時間視聴回数2770万回を記録し、当時の歴代1位となる視聴回数を獲得します。その後リリースされた3rdアルバム「25」は全世界で2200万枚を売り上げ、21世紀リリースのアルバムとしては歴代5位を記録。

第59回グラミー賞では主要3部門を含む5部門にノミネートされすべて受賞。最優秀アルバム賞ではBeyoncé(ビヨンセ)「Lemonade(レモネード)」もノミネートされており、Adele(アデル)は自身が受賞するとは思ってなかったようでスピーチではBeyoncé(ビヨンセ)への賛辞を捧げ、受賞トロフィーを分けようとして壊してしまうハプニングも話題となりました。

Adele の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事・その他ニュース・まとめ記事一覧