マーク・ノップラー、10枚目のソロ・アルバム『One Deep River』が4/12に発売決定!新曲「Ahead Of The Game」が先行リリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Mark Knopfler(マーク・ノップラー)が10枚目の最新ソロ・アルバム『One Deep River』を4月12日にリリースすることを発表し、先行曲「Ahead Of The Game」が配信されました。

Mark Knopfler – Ahead Of The Game – YouTube

『One Deep River』はノップラーと彼の長年の共同制作者であるガイ・フレッチャーによるプロデュース、ロンドンにある彼の最先端のブリティッシュ・グローブ・スタジオで録音されました。CD(12曲)、2CD(17曲)、LP(12曲)、カセット(12曲)、限定ボックスセット(CD [12曲]、ボーナスCD [5曲]、LP [12曲]、ボーナスLP [4曲]、リトグラフ、ギター・ピック・セット、エナメル・バッジ同梱予定) 、デジタル配信の各形態でリリース。ゆったりとエレガントな12曲は、詩的で物語り風の歌詞と、巧みでメロディ豊かなギター演奏が健在。

バンド・メンバーは、マーク・ノップラー(G)、ジム・コックス(Key)、ガイ・フレッチャー(Key)、グレン・ウォーフ(B)、イアン・トーマス(Ds)、ダニー・カミングス(Perc)、リチャード・ベネット(G)、グレッグ・リース(Pedal and lap steel)他。

シンガー・ソングライター、レコード・プロデューサー、作曲家であるマーク・ノップラーは、英国の最も成功したミュージシャンの一人であり、歴代最高のギタリストとしてしばしば名前が挙がります。1980年代に頭角を現したダイアー・ストレイツのリーダーとして活躍し、「マネー・フォー・ナッシング」、「悲しきサルタン(Sultans Of Swing)」など時代を代表する曲を生みました。1995年に解散しソロ・アーティストの道へ。これまでに9枚のソロ・アルバムをリリースし、世界各国でツアーをしてきました。『ローカル・ヒーロー』、『キャル(Cal)』、『プリンセス・ブライド・ストーリー(The Princess Bride)』、『ブルックリン最終出口(Last Exit To Brooklyn)』、『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ(Wag The Dog)』といった映画音楽も手掛け、ボブ・ディラン、ヴァン・モリソン、エミルー・ハリス、ティナ・ターナー、ランディ・ニューマン、チェット・アトキンスらと共演や録音も行ってきました。1999年にOBE(大英帝国勲章)を受勲、2012年にイギリスとアイルランドの優れたソングライターに贈られるアイヴァー・ノヴェロ賞で生涯功労賞を受賞しています。

Mark KnopflerMark Knopfler

■商品情報

Mark Knopfler『One Deep River』

マーク・ノップラー『One Deep River』
Mark Knopfler / One Deep River
2024年4月12日発売
予約はこちら

■収録曲
1. Two Pairs Of Hands
2. Ahead Of The Game
3. Smart Money
4. Scavengers Yard
5. Black Tie Jobs
6. Tunnel 13
7. Janine
8. Watch Me Gone
9. Sweeter Than The Rain
10. Before My Train Comes
11. This One’s Not Going To End Well
12. One Deep River
2CD、限定ボックスセットCDのボーナス・トラック
1. The Living End
2. Fat Chance Dupree
3. Along A Foreign Coast
4. What I’m Gonna Need
5. Nothing But Rain
限定ボックスセットLPのボーナス・トラック
1. Dolly Shop Man
2. Your Leading Man
3. Wrong ’un
4. Chess

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Facebook
Instagram
X
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事