10月に来日公演を行うオールモスト・マンデー、サインお渡し会の開催が決定!

10月13日(木)代官山SPACE ODDで一夜限りとなる記念すべき初の来日公演を実施するサンディエゴ発Z世代インディ・ポップ・バンド、almost monday(オールモスト・マンデー)のサインお渡し会の開催が決定しました。

almost monday Credit by Sam Victoriaalmost monday Credit by Sam Victoria

初来日を記念して、これまでデジタル配信のみでリリースされてきたオールモスト・マンデーの楽曲を日本デビューEPで初CD化。当日、来日公演会場にて販売される日本デビューEP『コフ・ドロップス(ジャパン・スペシャル・エディション)』のCDをご購入の方に先着でサインお渡し会参加券を配布。メンバーがファンの皆さんに直接サインをお渡しする貴重なチャンスとなっています。

■サインお渡し会の詳細
【サインお渡し会参加条件および注意事項】
※2022年10月13日(木)代官山SPACE ODDで開催されるオールモスト・マンデーの来日公演のチケットをお持ちの方が対象となります。
※当日会場にて販売される日本デビューEP『コフ・ドロップス(ジャパン・スペシャル・エディション)』のCD(UICH-1019)をご購入の方に先着でサインお渡し会参加券を配布します。サインお渡し会参加券はなくなり次第配布終了となりますので、予めご了承ください。
※サインお渡し会参加券1枚につき、1枚予めサインされた来日公演ポスターをメンバーからお渡しします。
※サインお渡し会は終演後を予定しております。
※やむを得ず開催の中止、時間が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※感染防止対策のため、飛沫防止シートを設置して実施いたします。
※サインお渡し会整列中・参加中共にマスクの着用は必須となります。
※会場内での会話等はお控えいただきますようお願いいたします。
※今回のサインお渡し会実施にあたりアーティストとの接触は一切禁止となっておりますので、必ずお守りください。守られない場合、サインお渡し会を途中で中止させていただく場合がございます。
※係員の指示に従って、指定場所に整列していただき、サインお渡し会中も案内に従っていただきますようお願いします。係員の指示にしだがっていただけない場合は、サインお渡し会への参加をお断りさせていただきます。
※サインお渡し会はメンバー全員での参加ではない場合もございます。あらかじめご了承ください。
※サインお渡し会実施中、カメラ、カメラ付き携帯電話、ビデオカメラ等での撮影は一切禁止いたします。アーティストとの写真撮影は一切できません。
※他のお客様のご迷惑となる行為、また係員の指示に従わずに生じた事故に関しましては、主催者は一切責任を負いかねます。
※以上の注意事項が守られなかった場合に、やむを得ずサインお渡し会を一時中断、もしくは中止することがございますので、予めご了承ください。その場合、チケットおよびCD購入代金の払い戻しは致しません。
詳細はこちら

■来日公演情報
オールモスト・マンデー 初来日公演
2022年10月 13日(木)東京・代官山SPACE ODD
OPEN 18:00/ START 19:00
チケット好評発売中:オールスタンディング 6,500円(税込/別途 1ドリンク)
詳細はこちら
制作・招聘:クリエイティブマンプロダクション
協力:ユニバーサルミュージック

■商品情報

オールモスト・マンデー『コフ・ドロップス(ジャパン・スペシャル・エディション)』

タイトル:『コフ・ドロップス(ジャパン・スペシャル・エディション)』
アーティスト:オールモスト・マンデー
発売日:2022年10月5日(水)
価格:1,980円(税込み)
品番:UICH-1019

■トラックリスト
1. コフ・ドロップス / cough drops
2. サンバーン / sunburn
3. サン・キープス・オン・シャイニング / sun keeps on shining
4. ブロークン・ピープル / broken people
5. パーキング・ロット・ヴュー / parking lot view
6. ティル・ジ・エンド・オブ・タイム / til the end of time
7. サンバーン(ライヴ・アット Vevo DSCVR)/ sunburn(Live at Vevo DSCVR)*
8. サン・キープス・オン・シャイニング(ライヴ・アット Vevo DSCVR)/ sun keeps on shining(Live at Vevo DSCVR)*
*日本限定初収録

予約はこちら
先着購入特典はこちら
日本公式サイトはこちら
日本公式Twitterはこちら

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。