アンディ・グラマーがR3HABと4度目のコラボ・ソングとなる新曲「Saved My Life」のハートフルなミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

全米トップ10入りシングル「Honey, I’m Good.」などのヒット曲でマルチ・プラチナ・セールスを記録し、音楽を通してポジティブなメッセージを発信し続けるNo.1ハッピー・ポップ・アーティスト、Andy Grammer(アンディ・グラマー)が5月6日(金)に人気EDMプロデューサー/DJのR3HAB(リハブ)と4度目のタッグを組んで、新曲「Saved My Life」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Andy Grammer x R3HAB – Saved My Life – YouTube

本楽曲はアンディが2月から行っている全米ツアー<The Art of Joy Tour>でファンに初紹介し、その後TikTokの楽曲のプレビュー・キャンペーンで取り上げられ、1週間足らずで700万回以上の再生回数を記録し、リリース前から注目を浴びていました。

ツアーでファンに本楽曲を紹介するTikTok動画はこちら▼

@andygrammer Being able to sing “Saved My Life” to the woman who saved my life on tour was undoubtedly one of the most endearing moments of my life. Love you Leigh. Pre-save #SavedMyLife f ♬ Saved My Life – Chorus – Andy Grammer & R3HAB

また、アンディがまだ25歳のときに母親を亡くして以来、ずっとそばにいてくれて辛い時期を支えてくれたゴッドマザーのリーに捧げた楽曲であり、何らかの形で自分の人生を救ってくれた人を思い起こさせてくれるアンディらしいメッセージが詰まったハートフルな楽曲になっています。

メロディのアレンジとして加わったのが、2019年に大ヒット・ラブロマンス映画『ファイブ・フィート・アパート』の主題歌「Don’t Give Up On Me」で初コラボを果たして以降、今回で4度目のコラボであり、4月に東急プラザ銀座の大型ナイトクラブにて来日公演を行った人気DJのR3HABが担当。ポップでダンサンブルでありながら、アンディの伸びやかな歌声と歌詞のメッセージを存分に伝えることができるリラックスしたメロディ調に仕上がっています。

同時に公開されたミュージック・ビデオは、ファンから募集した『自分の人生を救ってくれた人』の写真や動画、メッセージを使用した楽曲のメッセージ性に溢れた心温まるビデオとなっており、「僕は、”Saved My Life”のビデオを通して、僕たちの生活の中の静かなヒーローにスポットを当てたいと考えていました。僕のファンは、ビデオやメッセージ、写真を送ってくれて、素晴らしいものだったよ。これが公開されたことをとても嬉しく思います。あなたのために姿を現わしてくれた人に送ってあげてください。」とアンディは本ビデオについてSNSでコメントしました。

音楽活動を通してポジティブなメッセージを届けるだけでなく、社会活動にも熱心に取り組むアンディは、6月9日に開催されるメンタル・ヘルスについての理解や治療についての理解を深めることを目的としたイベント『Mental Health America’s 2022 Annual Conference』にキーノート・スピーカーとして出席。これまでにリリースしてきたシングル「Love Myself」や「Joy」などのインスパイア源やファンの深い繋がり、自身のメンタルヘルスについて語る予定です。

Andy Grammer(アンディ・グラマー)Andy Grammer(アンディ・グラマー)

■商品情報

アンディ・グラマー&R3HAB「Saved My Life」

アンディ・グラマー&R3HAB
新曲「Saved My Life」配信中
試聴/購入はこちら
ミュージック・ビデオはこちら
日本公式サイトはこちら

■バイオグラフィー
音楽を通して前向きなメッセージを発信し続ける米ロサンゼルス出身の超ポジティブ・シンガー・ソングライター、アンディ・グラマー。彼が生み出す音楽は、オーディエンスを魅了し、元気づけ、そして勇気を与え続けているポップ・アンセムばかり。マルチ・プラチナ・セールスを保持し、総再生回数は数十億越えである。
2011年にファースト・アルバム『アンディ・グラマー』でデビューを果たし、米ビルボード・トップ・ヒートシーカーズ・チャートで1位を記録。本アルバムからのファースト・シングル「キープ・ユア・ヘッド・アップ」はプラチナ認定され、大ヒットミュージカル映画『ピッチ・パーフェクト』の劇中でも使用された。
そして、2014年にセカンド・アルバム『マガジンズ・オア・ノーベルズ』をリリースし、米ビルボード・シングル・チャートで9位を記録したセカンド・シングル「ハニー・アイム・グッド」で一躍世界的ポップ・シンガー・ソングライターとしての地位を確固した。本楽曲はクワトロ・プラチナ・セールスに認定。さらに、世界の歌姫テイラー・スウィフトのコンサートにもサプライズ登場し、本楽曲をテイラーと一緒に披露した。
その後、米人気ダンス・コンテスト番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』に出場し、圧巻のダンスの腕前を披露したり、コール・スプラウス主演のラブロマンス映画『ファイブ・フィート・アパート』の主題歌にフォース・アルバム『ナイーヴ』からのシングル「ドント・ギブ・アップ・オン・ミー」が抜擢されたりと、活躍の幅を大きく広げた。
2021年6月に「リース・オン・ライフ」、9月に「ダム・イット・フィールズ・グッド・トゥ・ビー・ミー」、12月に「ラブ・マイセルフ」と立て続けにシングルをリリースしたアンディ・グラマーは、2022年2月より全米各地を回るツアー<ジ・アート・オブ・ジョイ・ツアー>を発表。さらに、待望のフィフス・アルバムもリリース予定。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事