ポール・マッカートニー&ウイングスが代表作『Band on the Run』50周年記念盤の日本リリースが決定!タイトル曲のアンダーダブド・ミックスの音源が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

オリジナル盤が発売された週からちょうど50年を迎える12月4日に発表されたPaul McCartney & Wings(ポール・マッカートニー&ウイングス)の代表作『Band on the Run(バンド・オン・ザ・ラン)』の50周年記念エディション2CDの日本盤リリースが決定。未発表のアンダーダブド・ミックスが初収録されており、アルバムのタイトル・トラック「バンド・オン・ザ・ラン」のアンダーダブド・ミックスが先行配信され、音源が公開されています。

Band On The Run (Underdubbed Mix) – YouTube

Paul McCartney & Wings – Band on the Run (Underdubbed Mix)
試聴はこちら

ヒット・チャートの首位に輝き、グラミー賞を複数の部門で受賞、そして発表後、数十年に亘って“史上最高のアルバム・ランキング”の常連であり続ける『バンド・オン・ザ・ラン』 ―― この大ヒット・アルバムのオリジナル盤がリリースされたのは1973年12月のことでした。不朽の表題曲「バンド・オン・ザ・ラン」、世界的ヒットを記録した「ジェット」、哀愁漂う「ブルーバード」、ライヴの定番曲として愛され続けている「レット・ミー・ロール・イット」、サウンドの変化が面白い「ピカソの遺言」、作品のクライマックスを彩る「1985年」といった楽曲が収録された『バンド・オン・ザ・ラン』は、間違いなくウイングス史上もっとも大きな成功と賞賛を得た作品といえます。

今回の50周年記念エディションは、アナログLPをはじめとするさまざまなフォーマットで発売。2CDエディションは、米国オリジナル盤と同じ曲目のアルバム本編とアンダーダブド・ミックスを収録。こちらには、リンダ・マッカートニー撮影のポラロイド写真を使用したポスターが、両面印刷/折り畳み式で付属。LPのスペシャル・エディション(輸入盤のみ)には、1973年当時のオリジナル・マスター・テープから高品質でデジタル変換した音源を基に、ハーフ・スピード・カッティングで製作されたもので、ロンドンはアビー・ロード・スタジオのマイルズ・ショーウェルがカッティングを手がけています。このLP盤エディションの収録曲は「愛しのヘレン」が収録された米国盤のそれに準拠しており、さらにはリンダ・マッカートニー撮影のポラロイド写真を使用したポスターも付属されます。

また、同じくアナログ盤の2LPエディション(輸入盤のみ)には、ハーフ・スピード・カッティングで製作された米国盤のアルバム本編に加え、2枚目のディスクとして収録曲のアンダーダブド・ミックスが併録。なお、上質なスリップケースに収納されるこちらのセットには、リンダ・マッカートニー撮影のポラロイド・ポスターが2枚付属されます。

このアンダーダブド・ミックスについてポール・マッカートニーは、「これは、いままで誰も聴いたことがないような『バンド・オン・ザ・ラン』だ。曲を作って、追加のギターなどのパートを足すことをオーヴァーダブと言う。このヴァージョンはアンダーダブド、つまりその逆の状態のものなんだよ」と説明しています。

デジタル配信もされる初登場のアンダーダブド・ミックスでは、オーケストラなどの追加パートが入っていない状態で『バンド・オン・ザ・ラン』に収められた9の名曲を楽しむことができます。これまで未発表となっていたこのラフ・ミックスは1973年10月14日、ジェフ・エメリックがAIRスタジオのピーター・スウェッテナムの力を借りて製作したもの。下方に記載の通り、曲順はこれまでの既発版とは異なりますが、これはMPLの倉庫で発見されたオリジナル・アナログ・テープの曲順に準拠しています。

そして今回、ついに『バンド・オン・ザ・ラン』のドルビー・アトモス・ミックスが製作。こちらはジャイルズ・マーティンとスティーヴ・オーチャードが新たに手がけたもので、デジタルのみ発売となります。

現在、ポールは好評を博しているコンサート・ツアー『Got Back (ゴット・バック) 』で各地を巡り、『バンド・オン・ザ・ラン』をはじめとする、自身が残してきた比類ない作品群の中から選り抜きのレパートリーを披露しています。彼は、2022年2月にこのツアーの日程を発表し、その後、まずはアメリカで16日ほどの大規模公演を完遂。それに続いて6月には、タイムズ紙が“史上最高のライヴ”と評したグラストンベリー・フェスティヴァルでの歴史的なヘッドライナー公演を行いました。デイヴ・グロールと一夜限りのデュエットで「バンド・オン・ザ・ラン」を披露したのも、そのステージでの出来事でした。

その後、同ツアーでは6年ぶりとなるオーストラリア・ツアーも実現。現在はちょうどブラジルのベロオリゾンテを回っているところで、このあと同国のサンパウロ、クリチバ、リオデジャネイロで残りの公演が行われる予定となっています。

『バンド・オン・ザ・ラン』展開図『バンド・オン・ザ・ラン』展開図

© 1973 MPL Communications Ltd Photographer Clive Arrowsmith© 1973 MPL Communications Ltd Photographer Clive Arrowsmith

今作のリリースが発表されたわずか数日後の12月5日にDenny Laine(デニー・レイン)が2022年に感染した新型コロナウイルスの後遺症による間質性肺疾患(ILD)で亡くなったことが妻のElizabeth Hines(エリザベス・ハインズ)によって公表されており、訃報を受けてポール・マッカートニーが自身のインスタグラムで「私の元バンドメイト、デニー・レインが亡くなったと聞いてとても悲しいです。」と投稿しています。

■商品情報

Paul McCartney & Wings「Band on the Run (Underdubbed Mix)」

Paul McCartney & Wings – Band on the Run (Underdubbed Mix)
試聴はこちら

ポール・マッカートニー&ウイングス『バンド・オン・ザ・ラン』50周年記念エディション

ポール・マッカートニー&ウイングス
『バンド・オン・ザ・ラン』50周年記念エディション
発売日:2024年2月2日(金)発売
品番:UICY-16206/7
価格:3,960円(税込)
英文解説翻訳付予定/歌詞対訳付/SHM-CD仕様(日本盤のみ)
予約はこちら

■収録曲
CD1
1. バンド・オン・ザ・ラン
2. ジェット
3. ブルーバード
4. ミセス・ヴァンデビルト
5. レット・イット・ロール・イット
6. マムーニア
7. ノー・ワーズ
8. 愛しのヘレン
9. ピカソの遺言
10. 1985年
CD2:アンダーダブド・ミックス
1. バンド・オン・ザ・ラン
2. マムーニア
3. ノー・ワーズ
4. ジェット
5. ブルーバード
6. ミセス・ヴァンデビルト
7. 1985年
8. ピカソの遺言
9. レット・ミー・ロール・イット

■リンク
ポール・マッカートニー日本公式HP

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事