ビヨンセが第94回アカデミー賞授賞式で披露した「Be Alive」のパフォーマンス・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Beyoncé(ビヨンセ)が第94回アカデミー賞授賞式で披露した「Be Alive(ビー・アライヴ)」のパフォーマンス・ビデオを公開しました。

Be Alive (Original Song from the Motion Picture “King Richard”) (94th Academy Awards Performance) – YouTube

パフォーマンスは、テニスの女王・ウィリアムズ姉妹が子供の頃にドリルを行ったコンプトンテニスコートで行われ、ビヨンセの10歳の娘であるブルー・アイビー・カーターからの出演が特徴でした。パフォーマンスにはテニスボールグリーンのダンサーとオーケストラが参加しました。

映画『ドリームプラン(原題:King Richard)』はウィリアムズ姉妹の父でありコーチであるリチャード・ウィリアムズの生涯を描いた伝記映画。主演を務めたウィル・スミスは本日コメディアンのクリス・ロックを殴り、一時中継が止まるなどSNSでは大きな話題となりました。

第94回アカデミー賞は歌曲賞に5曲がノミネート。昨年末発表されたショートリストでは過去例を見ない歴史上最も知名度のある世界的アーティストがラインナップされている点で話題を集めました。ビヨンセは今作で初のノミネートを果たしており、ビヨンセのファンは興奮を共有し、ショーに至るまでの数時間で「BEYONCÉ IS COMING」がTwitterで海外のトレンドになりました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事