ビヨンセのワールド・ツアー『Renaissance World Tour』が全世界で5億7,900万ドル以上の収益を上げた事が発表

ライブ・ネイションは、Beyoncé(ビヨンセ)のワールド・ツアー『Renaissance World Tour』が全世界で5億7,900万ドル以上の収益を上げ、39都市56公演で270万人のファンが参加したと発表しました。ビヨンセは『Renaissance: A Film by Beyoncé』というタイトルのドキュメンタリー・コンサート映画として公開することを発表しています。

RENAISSANCE: A FILM BY BEYONCÉ – YouTube

パークウッド・エンターテインメントがプロデュースし、ライブ・ネイションが宣伝したこのツアーは、北ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで歴史を作り、彼女は全公演で23万8,000人のファンの前で、2019年のオープン以来、同スタジアムでのアーティストとしては最多となる5日間にわたって演奏。また女性、黒人、またはアメリカ人のアーティストによる最高の興行収入を記録しました。

このツアーは世界中でチケット販売記録を破り、史上7番目に高い興行収入を記録したコンサート・ツアーとなり、女性アーティストによる史上最高の興行収入を記録し、史上最高の月間ツアー興行収入を2つ達成しています。

映画『Renaissance: A Film by Beyoncé』は12月1日に公開される予定で、現時点ではアメリカとカナダ、メキシコでの上映が決まっており、追加の都市は後日発表されます。

・参考情報:Beyoncé’s Renaissance World Tour Earns $579 Million

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。