Billie Eilishが8/24(火)日本テレビ系「スッキリ」出演決定!アルバムからの収録曲を日本TV初披露!

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)が8月24日(火)の日本テレビ系「スッキリ」の人気コーナー「WEニュース」に出演することが決定!最新インタビューと、アルバム『ハピアー・ザン・エヴァ―』からの収録曲を「スッキリ」で独占&日本のTV初披露します。

日本テレビ系「スッキリ」番組HP
※生放送のため、放送日時や放送エリア、番組内容は予告なく変更になる場合があります。

7月30日にリリースしたビリー・アイリッシュの最新作『ハピアー・ザン・エヴァー』は全米アルバムチャート、ビルボード200で2週連続の1位を獲得。同アルバムは、現代社会を生き抜く複雑な環境の中で「人間とは何か」を探究しており、ビリーの鋭いウィット、秘密、逃避が織り交ぜられた、これまでで最も生々しく、最も感情的な作品となっています。

『ハピアー・ザン・エヴァー』の視聴はこちら:
試聴・購入

さらに9月3日には、ディズニープラスオリジナル作品『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』が配信。『ハピアー・ザン・エヴァー』から全16曲をパフォーマンスする本作では、伝説の音楽堂ハリウッド・ボウルのステージにて、さらなる進化を遂げビリーが披露する最新のパフォーマンス姿が見られます。

ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター|予告編 30秒|Disney+ (ディズニープラス)s - YouTube

『ハピアー・ザン・エヴァー』の日本盤CDは【通常盤】と【デラックス・エディション】の2種類。デラックス盤には、ビリー・アイリッシュの「ポスター」や「ステッカー」の他に「ビリー・アイリッシュ 日本限定キーホルダー」も付いており、日本で購入するお客様しか味わえない豪華限定商品となっています。

■商品詳細

ビリー・アイリッシュ「ハピアー・ザン・エヴァー」

【通常盤】
UICS-1374
2,750円(税込)
CD歌詞・対訳・解説付
通常盤の予約はこちら

【デラックス・エディション】
UICS-9172
3,630円(税込)
CD 歌詞・対訳・解説付
日本限定キーホルダー
ポスター封入 (B3サイズ予定)
ステッカー 7cm x 5cm(全4種類のうち1枚をランダム封入)
デラックス盤の予約はこちら

■ビリー・アイリッシュ プロフィール

2001年12月18日生まれの19歳、米国ロサンゼルス在住のシンガー・ソングライター。

2019年に発売したデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は英米を含め全世界18の国と地域で1位を獲得。同作は2019年に全世界で最も売れたデビュー・アルバムとなり、米ビルボード・アルバム・チャート(Billboard 200)の年間アルバム・チャートでは史上最年少で1位に輝きました。彼女の代表曲「bad guy」は、全米シングル・チャート(Billboard Hot 100)で1位を獲得し、2000年以降に生まれたアーティストとして史上初の偉業を達成。日本でも、日テレ系日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の主題歌に同枠初の海外アーティストとして抜擢され、2021年4月には、日本レコード協会のストリーミング認定開始以降、洋楽女性アーティスト初、さらに洋楽史上最速でのプラチナ認定(1億回再生)となりました。

2020年の「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で、年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門に加えて合計5部門を受賞。主要4部門の獲得は39年ぶりの史上2人目、最年少、初の女性という偉業を達成。

2021年の「第63回グラミー賞」でも、2年連続となる年間最優秀レコードと、最優秀映像作品楽曲を受賞。グラミー賞で最も権威がある年間最優秀レコード賞を2年連続で受賞した、史上最年少19歳という記録を作りました。

2021年に公開予定の映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、主題歌「No Time To Die」を最年少で制作、歌唱。同楽曲は、ビリー初のUKシングル1位、初の女性シンガーが担当した007主題歌1位、そして2020年UK発売初週で最も売れた曲となりました。

2021年6月25日から、ビリーのドキュメンタリー映画「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」が劇場公開されさました。

待望の2ndアルバム『Happier Than Ever ハピアー・ザン・エヴァー』を7月30日に発売。全米・全英含む全15か国で初登場1位を獲得。

■Links

ビリー・アイリッシュ日本特設サイト
ビリー・アイリッシュLINE公式アカウント
ビリー・アイリッシュTwitter公式アカウント
ビリー・アイリッシュ公式インスタグラム(海外)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。