ビリー・アイリッシュが新作アルバムのプロモーションのため来週緊急来日が決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)が新作アルバム『HIT ME HARD AND SOFT』のプロモーションのため来週緊急来日が決定したことをユニバーサルミュージック・ジャパンが発表した。

Billie EilishBillie Eilish

ビリー・アイリッシュは『HIT ME HARD AND SOFT』から2作目となる「CHIHIRO」のミュージック・ビデオを公開している。

ビリー・アイリッシュ自ら監督を務めたミュージック・ビデオでは、暗く長い廊下、そして扉を閉める動作が感情の様々なコーナーを表し、夢の中のような物語を描いている。共演している俳優のナット・ウルフとともに、逃げられない繋がりに転がり込む。恐怖、愛、欲望の深い感情が、逃げようとしても追いついてきて、逃げられない、内なる感情の押し引き、表面的な表現が描かれている、魅力的な映像となっている。

YouTubeBillie Eilish - CHIHIRO - YouTube

楽曲「CHIHIRO」についてインタビューの中で、「大好きな曲の一つで、曲のタイトルと私にとってそれが意味していることも大好き。」

さらに、「(兄の)フィニアスとビリーの典型的なスタイルを表現している曲だと思う。歌詞もそうだし、私の歌い方も、コアである自分と人々に知られている自分を良く表現できていると思う。プロダクションもフィニアスらしくて、ユニークで面白いものになった。この曲は大好きだし、聞くたびに良くなっていく気がする。」とビリーはコメントしている。

新作アルバム『HIT ME HARD AND SOFT』はリリース当日、Spotifyで全世界で7,270万回再生され、同プラットフォームでの彼女のデビュー曲としては過去最大となった。ビルボード200ではビリー・アイリッシュの初週売り上げ枚数としては過去最大の339,000ユニットを記録し、収録曲10曲すべてがビルボードホット100のトップ40に初登場でランクインするほどの勢いだったが、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)の『THE TORTURED POETS DEPARTMENT』の勢いに勝てず、初登場2位となった。登場2週目となる最新のチャートでも145,000ユニットと好記録を打ち立てるも2位にとどまっており、現時点でスタジオ・アルバムでは初めて首位獲得を逃している。

その他全英アルバムチャートやドイツ、フランスなどいくつかの国では1位を獲得している。

『HIT ME HARD AND SOFT』は、広大なオーディオ・ランドスケープを旅し、リスナーをあらゆる感情に浸らせるまさに映画のような、多様でありながらまとまりのある作品だ。ビリー・アイリッシュはアルバムを『曲の家族』として、初めから終わりまでアルバムを一貫して聴いてほしいと考えている。ビリーはインスタグラムでFINNEAS(フィニアス)との動画と共にコメントしており、「『HIT ME HARD AND SOFT』、私の3枚目のアルバムがついにリリースされました!何を言えばいいのか分からないくらい興奮しています... フィニアスと一緒にこのアルバムに全力を注ぎました。こんなに大好きな作品は今までありません。本当に楽しんでいただけると嬉しいです。それでは次のステージでお会いしましょう。『HIT ME HARD AND SOFT』は今すぐ全てのプラットフォームで配信中です!皆さん、本当に愛してます!!」と投稿している。

『HIT ME HARD AND SOFT』は、今までの作品の中で最も大胆であり、ローリング・ストーン誌が“史上最高のアルバム”と称賛するほどの作品である。

来日してからのプロモーションについての発表は現時点でされていないが、ビリー・アイリッシュのX日本公式アカウントでは、最新アルバム『ヒット・ミー・ハード・アンド・ソフト』のオリジナルグッズが当たるキャンペーンがスタートしている。

■『HIT ME HARD AND SOFT』トラックリスト
1. SKINNY/スキニー
2. LUNCH/ランチ
3. CHIHIRO/チヒロ
4. BIRDS OF A FEATHER/バーズ・オブ・ア・フェザー
5. WILDFLOWER/ワイルドフラワー
6. THE GREATEST/ザ・グレイテスト
7. L’AMOUR DE MA VIE /ラムール・ドゥ・マ・ヴィ
8. THE DINER/ザ・ダイナー
9. BITTERSUITE/ビタースイート
10. BLUE/ブルー

■楽曲リンク
・Billie Eilish
→『HIT ME HARD AND SOFT

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事