トム・オデール、リリース前からTikTokでバズっていた新曲「Black Friday」が、自身4曲目となる全英トップ40入り!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

イギリスはチチェスター出身のシンガー・ソングライターであるTom Odell(トム・オデール)。2012年、デビュー前ながら“イギリスのグラミー賞”と称されるブリット・アワードの批評家賞を受賞し、翌年リリー・アレン主宰のレーベルからリリースされたデビュー作『Long Way Down』は全英チャート1位に輝いている実力者。9月22日に待望の新曲「Black Friday」をリリースし、初登場21位を獲得。これは、トム・オデールにとって、自身4曲目の全英シングル・チャートでトップ40入りを果たした曲となりました。

YouTubeTom Odell - Black Friday - YouTube

新曲「Black Friday」は、リリース前からTikTokでトムが投稿していた「Black Friday」の音と歌詞に曲に共感したファンが自身で作成したコンテンツを投稿しており、楽曲の公式リリース前には既に累計8,500万再生を超えていました。「Black Friday」は、トムが過去に幾度もコラボレーションを重ねてきたCityfallとMax Clilverdと書いた楽曲で、Cityfallと共にプロデュースしており、ミュージック・ビデオはLucca Lutskyが手掛けています。

トムは新曲の「Black Friday」について、「この曲は去年、僕の誕生日に書いた曲なんだ。それが、たまたま“ブラック・フライデー”の前日だったんだ。この曲は自分の人生の中で出会った人々への愛を歌った曲で、ラブソングだと思う。でも、同時に、自分に対して優しくなれない現実についても歌っている曲なんだ。この曲をとても誇りに思っていて、みなさんにも気に入って貰えることを願っています」とコメントしています。

Photo by Rory Langdon-DownPhoto by Rory Langdon-Down

■商品情報

Tom Odell「Black Friday」

シングル「Black Friday」
2023年9月22日発売
試聴/購入リンク

■バイオグラフィー
イギリスはチチェスター出身のシンガー・ソングライター。ブライトンにあるクラブに飛び入れでピアノの弾き語りをしていたところをリリー・アレンの友人に発掘され、2012年、デビュー前ながら“イギリスのグラミー賞”と称されるブリット・アワードの批評家賞を受賞。翌年、リリー・アレン主宰のレーベルからリリースされたデビュー作『Long Way Down』は全英チャート1位に輝いた。同年にはフジロック・フェスティバルで初来日を果たしている。2014年にはアイヴァー・ノヴェロ賞のソングライター・オブ・ザ・イヤーを受賞し、同年のクリスマスCM曲として、ジョン・レノンの「リアル・ラヴ」をカバーしたところ、全英シングル・チャートに9週にわたってチャートインし、最高位7位を記録している。2016年に発表された2ndアルバム『Wrong Crowd』は全英チャート2位を記録し、2018年に全曲セルフプロデュースしたアルバム『Jubilee Road』リリース。2019年には渋谷ストリームホールにてソロ・ピアノ形式での来日公演を開催。影響を受けたアーティストに、エリック・サティやフィリップ・グラスを挙げる他、スタジオ・ジブリの美しいアニメーションによる景色の描写と同時に、悲しみの表現を学んだとも公言している。

■リンク
日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事