ボーイジーニアスがデビュー・アルバムで快挙達成!第66回グラミー賞で3部門を受賞

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

boygenius(ボーイジーニアス)が現地時間2月4日に開催された第66回グラミー賞授賞式で、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム部門(『ザ・レコード』)、最優秀ロック・ソング(「ノット・ストロング・イナフ」)、最優秀ロック・パフォーマンス(「ノット・ストロング・イナフ」)の3部門を受賞しました。

photo by Shervin Lainezphoto by Shervin Lainez

ボーイジーニアスは他に、年間最優秀レコード(「ノット・ストロング・イナフ」)と年間最優秀アルバム(『ザ・レコード』)の主要2部門と、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス(「クール・アバウト・イット」)、最優秀アルバム技術(ノン・クラシック( 『ザ・レコード』))の計7部門にノミネートされていました。

Julien Baker(ジュリアン・ベイカー)、Phoebe Bridgers(フィービー・ブリジャーズ)、Lucy Dacus(ルーシー・ダッカス)によるバンドであるボーイジーニアスは、2023年3月31日にデビュー・アルバム『The Record(ザ・レコード)』をリリース。全英アルバム・チャート1位、全米アルバム・チャート初登場4位とトップ5入りを達成。本作は、2023年10月にデジタル配信されたEP『ザ・レスト』収録の4曲をボーナス・トラックとして追加収録した、国内盤CDも2024年1月31日にリリースされています。

またフィービー・ブリジャーズはゲスト参加したSZA(シザ)の「Ghost in the Machine」で最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞しています。

BOYGENIUS Wins Best Rock Performance For ‘NOT STRONG ENOUGH’ | 2024 GRAMMYs Acceptance Speech – YouTube

BOYGENIUS Wins Best Alternative Music Album For ‘THE RECORD’ | 2024 GRAMMYs Acceptance Speech – YouTube

BOY GENIUS Win Best Rock Song | 2024 GRAMMYs Acceptance Speech – YouTube

■商品情報

boygenius『the record』

2024年1月31日発売
デビュー・アルバム『ザ・レコード』
試聴・購入はこちら

■『the record』トラックリスト
1. ウィズアウト・ユー・ウィズアウト・ゼム / Without You Without Them
2. $20 / $20
3. エミリー・アイム・ソーリー / Emily I’m sorry
4. トゥルー・ブルー / True Blue
5. クール・アバウト・イット / Cool About It
6. ノット・ストロング・イナフ / Not Strong Enough
7. レヴォリューション0 / Revolution 0
8. レナード・コーエン / Leonard Cohen
9. サタニスト / Satanist
10. ウィアー・イン・ラヴ / We’re In Love
11. アンチ・カース / Anti-Curse
12. レター・トゥ・アン・オールド・ポエット / Letter To An Old Poet
13. ブラック・ホール* / Black Hole
14. アフレイド・オブ・ハイツ* / Afraid of Heights
15. ヴォイジャー* / Voyager
16. パワーズ* / Powers
*日本盤ボーナス・トラック / EP『ザ・レスト』収録曲

■プロフィール
それぞれがシンガー・ソングライターとしても活動しているジュリアン・ベイカー、フィービー・ブリジャーズ、ルーシー・ダッカスによるトリオ・バンド。2018年にセルフ・タイトルのEPでデビュー。ファースト・アルバム『ザ・レコード』は2023年3月31日にリリースされ、全英アルバム・チャート1位、全米アルバム・チャート初登場4位とトップ5入りを達成。2023年は、コーチェラ・ミュージック・フェスティバルを含め全米ツアーを開催。
アルバムは、米ローリングストーン誌の2023年のベスト・アルバムの2位に、英NMEが選ぶアルバム・オブ・ザ・イヤー2023の1位に選出されるなど、多くのメディアから絶賛された。また第66回グラミー賞では、最優秀レコード賞、最優秀アルバム賞の主要2部門に加え、最優秀ロック・パフォーマンス賞、最優秀ロック・ソング賞、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム、エンジニアが対象の最優秀アルバム技術(ノン・クラシック)にもノミネートされていた。
■リンク
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
X
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事