ボーイジーニアスのデビュー・アルバム『the record』が最新の全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

boygenius(ボーイジーニアス)のデビュー・アルバム『the record』が最新の全英アルバム・チャートで初登場1位を獲得しました。ボーイジーニアスはPhoebe Bridgers(フィービー・ブリジャーズ)、Julien Baker(ジュリアン・ベイカー)、Lucy Dacus(ルーシー・ダッカス)というここで活躍する3人のシンガー・シングライターによるトリオ編成のグループで、3人にとって初の1位獲得となりました。

ジュリアン・ベイカーは2021年のアルバム『Little Oblivions』が51位に初のランクインを果たしており、ルーシー・ダッカスも同じく2021年のアルバム『Home Video』が85位と初のランクイン。フィービー・ブリジャーズは2020年のアルバム『Punisher』が6位にランクインし唯一トップ10入りを果たしていましたが、今作は3人にとって初の1位獲得アルバムとなりました。

『the record』はその他オランダ、アイルランド、スコットランドでも1位を獲得。ボーイジーニアスはインスタグラムで「ザ・レコードの1週間、聞いてくれてありがとう」とコメントしています。

アルバムのリリースに合わせて、公開されたKristen Stewart(クリステン・スチュワート)が監督を務めた短編映画『the film』はロサンゼルスでワールドプレミアも行われ、その時の様子をショート動画で公開しています。

YouTube#boygenius #thefilm - YouTube

YouTubeboygenius - the film - YouTube

バンドは、今年4月に米カリフォルニアで開催されるコーチェラ・フェスティバルに出演、さらに6月からは北米ツアー、8月からはヨーロッパ・ツアーを開催することも発表されています。尚、「Emily I'm Sorry」は、メンバーのフィービー・ブリジャーズの今年2月に開催された初のジャパン・ツアーでアンコールの弾き語りで一足先に披露されています。

■『The Record』トラックリスト
1. Without You Without Them
2. $20
3. Emily I'm Sorry
4. True Blue
5. Cool About It
6. Not Strong Enough
7. Revolution 0
8. Leonard Cohen
9. Satanist
10. We're In Love
11. Anti-Curse
12. Letter To An Old Poet

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事