ブライアン・アダムスがロイヤル・アルバート・ホールで録音された2曲のライヴ・ビデオを公開

Bryan Adams(ブライアン・アダムス)がロイヤル・アルバート・ホールで録音された「Cuts Like A Knife」、「I'm Ready」のライヴ・ビデオを公開しました。

Bryan Adams - Cuts Like A Knife, 40th Anniversary, Live At The Royal Albert Hall - YouTube

Bryan Adams - I'm Ready, 40th Anniversary, Live At The Royal Albert Hall - YouTube

映像は現在開催中のコンサート・ツアー『So Happy It Hurts Tour』の中で1983年のアルバム『Cuts Like a Knife』リリース40周年を記念してロイヤル・アルバート・ホールで行われたもので、どちらも2022年5月11日に録音されました。合わせて2月3日にライヴ音源がストリーミングでリリースされることも発表しています。

ブライアン・アダムスは2023年3月に来日公演を開催することが決定しており、日本での公演は2016年以来6年ぶり。仙台は2023年3月4日(土)、大阪が3月6日(月)、東京は3月7日(火)に日本武道館で、3月8日(水)に名古屋と4か所でのスケジュールが発表されています。

『So Happy It Hurts』は前作から3年ぶりとなる15枚目のスタジオ・アルバムで、COVID-19パンデミック後の「人生への回帰」としてアルバムを説明している意欲作。プレスリリースでは 「パンデミックと封鎖は、自発性を取り除くことができるという真実を本当に持ち帰った」と語っており、「人生の儚いものの多くに触れており、それは本当に幸福の秘訣であり、最も重要なのは人間のつながりです。」とコメント。

また同名タイトルのリードシングルは、第65回グラミー賞で最優秀ロック・パフォーマンス賞にノミネートされています。

Bryan Adams - So Happy It Hurts - YouTube

■ブライアン・アダムス「So Happy It Hurts 2023 Tour」
・仙台
2023年3月4日(土)
17:15 open/18:00 start 仙台サンプラザホール
【料金】
S席15,000円(税込)
A席14,000円(税込)
【お問い合せ先】
スパイス コミュニケーション
EDWARD LIVE 022-266-7555 (平日11:00~13:00)
詳細はこちら
主催:スパイス コミュニケーション/ぴあ(株)
共催:khb東日本放送/Date fm
制作協力:EDWARD LIVE

・大阪
2023年3月6日(月)
18:00 open/19:00 start 大阪城ホール
【料金】
S席15,000円(税込)
A席14,000円(税込)
【お問い合せ先】
ウドー音楽事務所 大阪支社 06-6341-4506(月・水・金:12:00~15:00)
詳細はこちら
主催:FM COCOLO/FM802
後援:スポーツニッポン新聞社

・東京
2023年3月7日(火)
18:00 open/19:00 start 日本武道館
【料金】
S席15,000円(税込)
A席14,000円(税込)
【お問い合せ先】
ウドー音楽事務所 03-3402-5999 (月・水・金 12:00~15:00)
主催:J-WAVE

・名古屋
2023年3月8日(水)
18:00 open/19:00 start Zepp Nagoya
【料金】
1Fスタンディング15,000円(税込・入場整理番号付き)
2F指定席20,000円(税込)
※ドリンク代別途必要
【お問い合せ先】
CBCテレビ事業部 052-241-8118
詳細はこちら
ウドー音楽事務所 03-3402-5999 (月・水・金 12:00~15:00)
主催:CBCテレビ

■チケット
・先行予約
ウドー・プレミアムメンバーズ(1Fスタンディング)
11月22日(火) 12:00~11月27日(日) 23:59
ウドー・プレミアムメンバーズ(2F指定席)
11月22日(火) 12:00~11月25日(金) 11:00
ウドー・メンバーズ(1Fスタンディング)
11月24日(木) 12:00~12月9日(金) 18:00
・一般発売
ウドー・メンバーズ
12月10日(土) 10:00~
チケットぴあ
12月10日(土) 10:00~
イープラス
12月10日(土) 10:00~
ローソンチケット
12月10日(土) 10:00~
・企画・招聘・制作:ウドー音楽事務所
ブライアン・アダムス来日公演特設サイトはこちら

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。